男性のお見合いでの会話

お見合いでは具体的にどんなことに注意して会話すればいいのか、気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は男性側の会話の注意点についてまとめてみました。

大概の女性はおしゃべりです。
これといって用件のない電話で何時間もしゃべれたり、しゃべることによってストレスを発散できたりするのは女性がおしゃべりだからです。

しかしお見合いとなると自分がおしゃべりだと思われたくないですから、自然と口数も少なくなるでしょう。
男性がリードできるといいですね。

誰とでも楽しく会話でき話を盛り上げる自信があるなら、注意することはふたつだけです。

余計な事を話さない。
余計な事を聞かない。
ということです。

具体的に説明すると、まずは両親のこと。
親孝行な息子をアピールするのは嫌われます。
親のことをよく言いすぎてもおかしいですし、悪口なんて最悪です。
特に母親のことを話すとマザコンというイメージがついてしまうのでやめましょう。

次に、過去に付き合った女性の話。
相手が興味を持つ場合もありますが、もう少し仲良くなってからの方がいいでしょう。
逆に女性に聞くのもやめましょう。

そして、悲観的な現実の話。
自分が勤めている会社の業績が悪化しているなどの話は、お付き合いする前には言ってはいけません。
こんな男性と生涯を共にしたいと思う女性はいないですよね。

相手と気持ちよく会話するためには聞き上手にならなくてはいけません。
相手の意見に共感することで、自然と相手も好意を持ってくれるでしょう。


変わったお見合いの場所

お見合い場所というと、一昔前だと獅子おどしがある庭付きの料亭でというイメージが強いのでしょうか。
今はホテルのロビーやレストランといった場所が多いようです。

しかし最近はとても変わったお見合い場所があるそうです。
それは美容室です。
福井県の少子化対策で5月末から始まったそうなのですが、問い合わせが殺到したようです。

県が県内の美容室・理容室と手を組み実施しているサービスで、パンフレットが店頭に置かれているのです。
美容室は多くの女性が集まる場所ですし、女性のことについては詳しいと思い手を組むことを決めたそうです。
理容室はその逆で男性が集まる場所ですから、うまくいけば少子化対策に一歩近づけるのではないでしょうか。

中国ではちょっと変わった方法でお見合い相手を探すのが流行しているようです。
日本のような昔ながらのお見合いでもなく、インターネットで探すわけでもなく、結婚相談所に登録するわけでもありません。

結婚を望んでいる方の両親が、自分の子供のプロフィールを書いたプラカードを下げて公園に行くのです。
本人ではなくて両親がですよ。
びっくりしましたが、なるほどなあと思いました。
中国ではこのようなことをする公園が決まっていて、「屋外結婚相談所」のように呼ばれているようです。
今現在は4つあります。

中国って、朝方公園で太極拳をやっているイメージがありませんか?
元はといえば、太極拳の練習をする中年の男女の間で広まったお見合いの方法だそうですよ。

世代別のお見合い

お見合いの場合、相手がどのくらいの結婚観を持っているのかすぐにはわかりません。
性別、世代によって結婚観って違いますよね。
人それぞれだとは思いますが、様々な結婚観を世代別にまとめてみました。

まずは20代です。
男性の場合はまだ早いと思う方が多いようです。
しかし女性は25歳を過ぎるとだんだん結婚を意識し始め、30歳が近付くにつれて結婚意識が強くなっていきます。
こうしてみると20代は前半と後半でだいぶ差があるように思います。

次に30代の女性です。
仕事も出来、経済的にも精神的にも安定してくる時期です。
それによって結婚したいという意識が最も強くなってくる年代なのではないでしょうか。
30歳を過ぎると「結婚したい」という気持ちが「結婚しなきゃ」というような焦りに変わってきます。
結婚できなければ仕事に生きようと決意してしまう方が多いようです。
男性の場合はこの時期が適齢期でしょう。

40代の女性はもう結婚についてあきらめかけている時期です。
社会的な地位や経済的にもひとりで生きていけると思ってしまうからです。
男性に頼らなくても平気だと自分に言い聞かせている方が多いのではないでしょうか。
男性はまだ適齢期です。
独身時代を十分過ぎるほどに楽しめたので早く結婚したいと思う時期でしょう。

お見合いをする場合、相手がどのような結婚観なのか気になるものです。
特に女性の結婚観は世代によってかなり変わってきます。
どの世代がどんな結婚観なのか、参考にしてみてはいかがでしょうか。

お見合い成功の秘訣

お見合いをこれからしようとしている方、気に入った相手なら絶対に成功させたいですよね。
今回はお見合い成功の秘訣についてまとめてみました。

まず一つ目です。
相手に求める条件はできるだけ絞るということです。
妥協は絶対にしたくないという方もいるかと思いますが、身長は何センチ以上がいいとか収入はいくらが理想だとか、その程度にしましょう。

細かいことを挙げるとキリがありません。
世話人に迷惑をかけないよう2つか3つに絞りましょう。

二つ目は履歴書などの資料についてです。
今はパソコンの時代なので字を書くという機会が減っているでしょうが、必ず自分の字で書きましょう。

字が苦手だという方もたくさんいると思います。
でも丁寧に書いた文字というのはその人の気持ちや性格があらわれたりしますよね。
自分を売り込む資料なので必ず心を込めて書きましょう。

そして写真についてですが、今はわざわざ写真屋のスタジオで撮る必要もないようです。
正装で写っているものと、ラフな格好で写っているものを2、3枚準備します。
自分一人で写っているものか、家族と一緒に写っているものにしましょう。

三つ目はお見合いの場での着席位置についてです。
席がもう最初に決められている場合はだめですが、お見合い相手とは対角線上に座るといいそうです。

真正面に座るよりも緊張が和らぐ感じがするのではないでしょうか。
緊張が和らげば、落ち着いて話ができますよね。
これからお見合いをする方は試してみてはいかがでしょうか。

結婚相談所でのお見合い

皆さんが持っているお見合いのイメージとは、どんなものなのでしょうか。

獅子おどしの音が聞こえてくるような庭付きの料亭で、世話人や両親とともにかしこまった雰囲気で行われるのを想像しませんか?
世話人と両親がお見合い相手のいい所を褒めあい、本人たちはというと「ご趣味は?」「ええ、お花を少々...」といったように普段使わないような言葉遣いで会話が始まります。

きりのいいところで「あとは若い二人で」と言われて二人きりでお庭を散歩。
こういうパターンは昔のドラマにもよくありましたね。
実際お見合いというとそんなイメージを持っている方も少なくないと思います。

しかし、今は少しずつ変わってきているようです。
今回は結婚相談所でのお見合いについてお話したいと思います。

結婚相談所でのお見合いというのは、さきほど挙げたような堅苦しくて窮屈なものではなく、カフェなどの入りやすい場所で世話人や両親も付いてこないものです。
お見合いというよりは、デートといった感覚に近いと思います。

うるさい大人がついてくることもないですし、紹介してもらった方に気を遣うこともないのです。
気軽な出会いという感じですね。

しかし、個人的に連絡先を交換したり、次のデートの約束をしたりするのは禁止されているところが多いようです。
そのようなやり取りは結婚相談所を通して行います。
もしもお断りしたいと思った場合には、そのようなシステムであった方が気が楽ですよね。

結婚したいけれどお見合いというものに堅苦しいイメージしかなかった方は、このような気軽なお見合いを体験してみてはいかがでしょうか。

女性のお見合いのポイント

今回はお見合い当日に女性が気をつけるポイントについて調べてみました。

まずは待ち合わせの場所。
ホテルのロビーなどの場合、目立つ場所で立っていてください。
目立たない場所でこっそり立っている女性を男性が良く思うわけがありません。
目立つ場所で立っていれば男性側から声をかけてくるでしょうから、「○○さんですか?」と聞かれたら普通に「はじめまして、○○です。」と言えばいいでしょう。

最初はお礼を言いましょう。
「今日はわざわざありがとうございます。」
この程度で結構です。

男性側から言うセリフですが女性側から言っても、感じのいい方だなと思ってもらえるでしょう。
そして笑顔で言えれば完璧です。
男性は女性の笑顔が好きなので常に笑顔でいることを心がけてください。

信じられない方も多いと思いますが、男性は初対面で、すでにこの人と結婚したいと思うらしいです。
女性からすると「会ったばかりじゃないの」と思うかもしれませんが、科学的にも証明されている事実なのです。
ですから女性にとっては最初が肝心だということです。

会話の途中に横を見ていることがないようにしてください。
これは最悪です。
下を見ているよりも横を見ながら会話する方が、相手を馬鹿にしているような態度に見えるのです。

お見合いは何回目か。
どうしてお見合いしているのか。
今までどんな女性と出会ったか。
などの余計な質問はやめましょう。

自分の過去の男性の話や高級な物の話など、余計な会話もしないでおきましょう。
タグ:お見合い

男性のお見合いのポイント

お見合い当日、男性が注意するポイントについて調べてみました。

まずは待ち合わせの場所です。
ホテルのロビーなどの場合、目立つ場所で立っていてください。
目立たない場所でこっそり立っている男性を女性が気に入るわけがありません。
目立つ場所で立っていれば女性は男性に視線をそそぐでしょうから、自分から声をかけましょう。

そして最初はお礼から言います。
「はじめまして、○○です。今日はどうもありがとうございます。」
これくらいのお礼がいいと思います。
堅すぎるお礼もあまりよくないようです。

相手側の立会人がいる場合、際どい質問もあるかもしれませんが、必ず丁寧に受け答えしてください。
相手の立会人を味方に付ければ、立会人が縁談をいい方向に持っていってくれるかもしれません。

待ち合わせの場所から移動するときには、何気ない会話で結構ですので話をすることを心がけてください。
季節の話題程度でいいですので、無言で歩くのだけはやめましょう。
会話はすればするほど相手との距離が縮まります。

会話についてタブーなことがいくつかあります。
どうしてお見合いしているのか。
お見合いは何回目なのか。
どうして自分とお見合いしたのか。
自分はモテないわけじゃないんです。

お見合いの動機なんて聞くものじゃないですし、失礼なだけです。
モテるかどうかなども自分から言うことではなく相手が感じることですから、わざわざ初対面の相手に言う言葉ではありません。
これらのポイントに気をつけて頑張ってください。

障害者のお見合い

障害者の結婚というとあまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。
しかし障害者の方も健常者と同じように結婚して、自分の子孫を残したいと思っていることに変わりありません。

今は障害者のお見合いもあるそうです。
障害者同士はもちろん、理解がある方なら健常者でも登録できる結婚相談所です。

ベトナムでは、「ベトちゃんドクちゃん」の弟、グエン・ドクさんは2006年にめでたくご結婚されました。
お相手の女性は健常者のテュエンさんです。
友人の結婚パーティーで出会ったそうです。
ドクさんは身体障害者の支援活動に積極的に取り組むテュエンさんに惹かれ、テュエンさんは困難に立ち向かって前向きに生きているドクさんに惹かれて結婚を決意したそうです。

しかしもちろんふたりの間には障害がありました。
テュエンさんの両親の反対です。
障害者のドクさんと結婚しても障害を持った子供が生まれてくるんじゃないかという不安があったようです。
失礼かもしれませんが、親ならだれもが心配することでしょう。
しかしドクさんが結婚を許してもらえるまで毎日ご両親に会いに行き、ご両親がドクさんの誠実さに負けて了承したのです。

ドクさんは子供について、「可愛い女の子がいい」と言い、「障害があっても、自分の血を引き継いだ子が欲しい」と重い口を開いて話したようです。
障害者のお見合いは結婚相談所などで行われています。
もしも理解のある方がいらしたら、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

再婚のお見合い

再婚専門のお見合い結婚相談所を見つけました。

前回は失敗してしまったが、今度こそ幸せになりたいと思っている方。
一人でも生きていけると思ったが、それではやっぱりさみしいと思い始めた方。
自分が子供を引き取ったので、子供のためにも両親が揃っていた方がいいと思っている方。
母子家庭のため、経済的に不安な方。
父子家庭のため、働くのに精いっぱいで子供のことや家庭のことができない方。
愛する人に出会い、支えあって精神的にも安定した生活を送りたい方。

このような方にぴったりな結婚相談所ではないでしょうか。

一度失敗を経験すると、経験したからこそ見えてくるものがあると思います。
それが次に生かせるのはとてもいいことではないでしょうか。
痛みを経験すると人にも優しくなれるっていいますよね。
貴重な経験をしたのですから、次は必ず幸せになれるでしょう。

バツイチというと相手に嫌な感じで見られてしまうんじゃないかと思っている方はたくさんいると思います。
特に相手が初婚だと気を使うこともあるのではないでしょうか。
自分に子供がいればなおさらです。

しかし再婚の方もしくは初婚の方でも相手が再婚だということに理解のある方ばかりならお見合いしやすいですよね。
今の時代、4組に1組は再婚なのだそうです。
実際私の周りでも再婚の方は何人か見えますし、それほど気にすることではないのかもしれませんね。

次こそ幸せな結婚生活を送るために、お見合いという形で出会うのもいいのではないでしょうか。

お見合いツアー

お見合いツアーというものを見つけました。

私が見たものは茨城県の小さな農村のものなのですが、今の時代は若い女性が少なく、お嫁さん探しが大変なのだそうです。
しかも農家と言うと一生畑仕事をしなければいけないというイメージがあるので、そのようなことに慣れていない女性は近寄りがたいのではないでしょうか。

しかしこのお見合いツアーの条件は、結婚歴・学歴・容姿はもちろん不問ですし、親との同居・別居は相談の上、仕事に出ることもでき、しかも農業をしなくてもよいというものなのです。
農家なのにめずらしいですよね。

もちろん交通の便が悪かったり近くにお店もあまりないですが、自然が好きできれいな空気のところに住みたいと思っている女性にとってはとてもいいのではないでしょうか。

お相手の男性はというと、比較的おしゃべりが苦手で口数が少ない方が多いようですが、とても優しい方ばかりなのだそうです。
穏やかな場所で育ったからでしょうね。
土地も持っているし、農家といっても兼業農家がほとんどなので男性は会社員が多いようです。

お見合いツアーといいますが、基本的にパーティーではなく一対一のお見合いです。
二日間ほどで2〜3人とお見合いをします。
日程は女性の都合に合わせて組めるそうですし、女性がとても優遇されたお見合いですよね。

自分の土地で悠々自適に生活したいという女性はぜひ、このような農家のお見合いツアーに参加してみてはいかがでしょうか。

お見合いの世話人

お見合いの世話人を頼まれたら、まずはどんなことから始めたらいいのでしょうか?

お見合いは本人たちにとっては人生に係わる大きな行事です。
世話人を頼まれたからといって簡単に引き受けてはいけません。
自分の子供が年頃になると、本人の意志ではなく親が勝手にお見合い話を持ってくることがよくあります。

本人はまったく結婚する気がなかったり、親が知らないだけでちゃんとお付き合いしている相手がいる場合もあります。
それでは本人からしたら気分が悪い話ですよね。

ですからまずは本人たちに直接会って、本当に結婚の意思があるのかどうか、またはどんな結婚生活を送りたいと考えているのかなど事前に聞いておく必要があります。
返事はそれからするようにしましょう。

本人たちの結婚の意思を確認したら、希望の条件をできるだけ詳しく聞きましょう。
「いい方ならどんな方でも・・」など、曖昧だと後々トラブルの元になるかもしれません。

男性なら収入についても聞いておかなければいけませんね。
女性なら相手がどのくらいの収入なのか気になりますもんね。
共働きがいいのか専業主婦がいいのかも聞いておきましょう。
夫婦でどのくらいの収入でどのような生活をしていきたいと思っているのかは大切です。

結婚したら同居するのかしないのかもとても重要です。
必ず聞いておきましょう。
生涯を共に過ごしていくにあたって、お互いの健康状態を知ることも大切です。

健康診断の結果を取り交わすことを勧めるのもいいかもしれませんね。

お見合いパブ

「お見合いパブ」ってご存知でしょうか。

少し興味があったので調べてみました。
新宿や池袋が有名みたいですが、繁華街ならどこにでもあるようです。
今は結構多いみたいでびっくりしました。
「パブ」とはいっても店内の雰囲気はクラブやキャバクラみたいな感じではありません。
営業時間はクラブやキャバクラと同じような時間帯です。
大体夕方から朝方までといった感じです。
基本的には男性が女性との出会いを求めて行くところです。

お店にいる女性は店員さんが街でスカウトした素人さんがほとんどだそうです。
しかも女性は飲み放題食べ放題歌い放題ですべて無料です。
だから店内は女子大生やОLなど、女性がいっぱいいるそうです。

男性は時間によって料金はかかります。
料金は30分ほどで3000円程度だそうです。
もちろん延長料金も発生します。

男性はメッセージカードにメッセージを書き、店員さんを通じて伝えてもらうという1,000円前後のサービスもあるようです。
OKの返事をもらえればツーショットでお話ができます。
それでうまくいけば、あとは自由に交際できるというわけです。

似たようなところで「出会い喫茶」というのもあるようです。
営業時間が昼間だったりするのでしょうか。

どちらにしてもお見合いというイメージはまったくないですよね。
タイプの女性を自分で選べるので、男性にとっては心から楽しめる出会いの場なのではないでしょうか。
かしこまった雰囲気が苦手な男性は一度体験されてはいかかでしょうか?

お見合いサイト

お見合いサイトというものはびっくりするほどたくさんありますね。
気にはなっているものの利用出来ずにいる方もいるのではないでしょうか。
今回は一般的なお見合いサイトの流れについて調べてみました。

お見合いサイトは結婚相談所みたいなもので、真剣に結婚をしたい男女が登録するとサイト側から自分に合った相手を推薦してくれるといった感じです。

自分に合った相手を探すためには自分のことや相手に求める条件を詳しく話す必要があります。
趣味や仕事、性格を始め結婚観やどんな家庭を作っていきたいかなどできるだけ細かい方がいいでしょう。
このようなところはお見合いといっしょですね。

普通のお見合いと違うところは、世話人と会ったり相手の資料をもらったりという作業がすべてネット上でできるというところだと思います。
普段お仕事などでなかなか時間を作れない人でも、サイト側から推薦してもらった相手のプロフィールや写真などをすぐにネットで確認することができるのです。
もちろん自分のプロフィールを見て気に入った方が現れることもあります。
そんなときもすぐにネットで見ることが出来るのでいいですよね。

気に入った相手が見つかり、お互いに会う気持ちになったときには希望の場所、日時を伝えればサイト側が手配してくれます。
普通のお見合いでは世話人がいますが、お見合いサイトの場合は二人きりです。

二人きりの方が素の自分が出せるし気が楽でいいという方は一度利用してみてはいかがでしょうか

お見合いの反省点

お見合いについて調べていると、お見合いをしたことがある方の体験談の中には反省点というのも多く見られます。

「お見合いを受けてはみたものの、それほど結婚したいわけでもなかった」という方がよくおられました。
相手の方は本気で結婚を考えているのですから、「1回会ってみるか」くらいの気持ちでは相手に失礼です。

紹介者の方には日頃からお世話になっているからという理由でも、自分が結婚をそれほど意識していないのならお断りしましょう。
お見合いというのは当人同士だけの問題ではなく親と紹介者の関係もあるかもしれないので、お断りする場合には必ず丁寧にしましょう。

お見合いをすることに決まったら、相手や相手のご両親が自分のどんなところを見ているかわからないのでマナーについてはしっかりと勉強しておきましょう。

ある程度、最低限のマナーやルール、一般的なお見合いの流れなどは頭に入れておいた方がいいです。
緊張するものだと思うので、何も知らないと余計にパニックになってしまうかもしれないので。

お見合いをしてみて相手とは合わないと感じた場合、もう一度会うことはないでしょう。
「1回会っただけでお断りするのは失礼かもしれない」と思う方もいるでしょうが、答えを先延ばしにする方が失礼にあたります。

先延ばしにすることが優しいと思うかもしれませんが、結婚を真剣に考えている相手にとっては逆に傷つけてしまうだけです。
自分の中で結論が出ている場合には、すぐに伝えましょう。

お見合いの疑問点

お見合いについてみなさんが疑問に思っていることを調べてみました。

まずは釣書について。
釣書とは、お見合いをするために必要な写真や身上書、履歴書などの資料のことです。
昔から使っている言葉みたいなのですが、結婚相手としてふさわしいか、相手とつり合いがとれているかなどを決めるためのものという意味らしいです。

次にお見合いの費用についてですが、お食事をした場合にかかった費用は仲人の責任です。
当日もたもたしてしまわないように、男性側が仲人さんと打ち合わせしておくのがいいでしょう。

紹介者へのお礼についてですが、お見合いがうまくいった場合は結婚が決まった時点でお礼をします。

紹介者に結婚式の媒酌人までお願いする場合には、結婚式が終わってからすべてのお礼を兼ねて現金を送ります。
うまくいかなかった場合にはそれぞれがお礼をしましょう。
相手の立場や自分との関係などをよく考えて、現金やギフト券、同様の額の品物などを送りましょう。

再婚の場合ですが、自分にとって不利な内容でも世話人にはなるべく包み隠さず話しましょう。
子供がいるかどうか、前回はいつ結婚していつ離婚したか、離婚の原因なども伝えておかなければなりません。
相手が何も知らなくてうまくいったとしたら、相手にとってとても失礼にあたりますからね。

連絡先の交換はお見合い当日に行ってはいけません。
その日のうちに意気投合して電話番号など交換してしまうのは失敗のもとです。
世話人に「あとは二人で」と言われるまでは世話人を通じて約束などしましょう。

お見合いブログ

お見合いについて調べていると、お見合いブログというものをたくさん見つけました。
お見合いについて書かれているサイトは数え切れないほどあるのですが、実際に体験された方が感じたことの方がより参考になるのではないでしょうか。

お見合いをするきっかけとなった出来事から実際のお見合い、デートの経過など、見ていてとてもワクワクしてしまいました。
今でもお見合いをする方は少なくないといいますが、ブログを実際に目にすると本当に多いということを実感させられます。

お見合いでの失敗談などもたくさん見つけました。
何回もお見合いをしている方は、その失敗を次に生かしているようです。
しかしブログを書いた本人だけでなく、ブログを見ている人みんなにとってその体験談は参考になっているのだと思います。
実際に体験したリアリティのある文章だからこそなのです。

お見合いで出会って結婚したという方のブログも本当にたくさん見つけました。
お見合いをして本当に結婚を望んでいる方にとってこの現実はとても励みになると思います。
結婚生活のリアルなブログの中で「この人とお見合いしてよかった」というような言葉もたくさんあります。
このような言葉が一番勇気づけられるのでしょうね。

昔はお見合い結婚なんて当たり前だったけれど今の時代やっぱり恋愛結婚の方が多いですよね。
お見合いしたことのある人が周りにいないと、自分が疑問に思っていることを相談することもできません。

体験者のブログでお見合いについて勉強するというのも今風でいいのではないでしょうか。

お見合いの準備

お見合いをすることになりました。
何を準備したらいいのでしょうか?

準備するものというと、写真、履歴書、家族書、身上書です。
この4つの資料は相手に自分を知ってもらう大切な資料ですので、内容をしっかり確認しておきましょう。
字がヘタだから、字を書くのが苦手だからといって他の人に書いてもらうのは絶対にやめてください。
上手に書けなくても一文字一文字丁寧に書いたものは心がこもっているので相手にもよく伝わるでしょう。

写真は男性だったらスーツ、女性だったら清楚なワンピースか振袖で写っているものにしましょう。
一般的なお見合い写真というものですね。
お見合い写真とは別に2〜3枚、スナップ写真を入れてもいいかもしれません。

普段の姿を知りたいと思う方も多いでしょうし、日常の写真だと表情も柔らかいのでいいですよね。
しかしスナップ写真はひとりで写っているものか、家族と写ったものにしましょう。
友達と写ったものだと、もしかしたら相手が友達の方を気に入ってしまうことがあるかもしれないからです。
それと、どの写真もなるべく新しいものを準備してください。
写真の裏に撮影年月日などを書いておくといいでしょう。

これらの4つの資料はすべて、自分のことを知ってもらう大切な資料です。
今まで会ったこともない相手なのですから、自分も相手のことをたくさん知りたいですよね。
それに相手だけじゃなく相手のご家族にも見られる資料です。
内容を十分に確認してから封筒に入れましょう

お見合い仲介人の選び方

お見合いの仲介人にはどのような人を選んだらいいのでしょうか。
今回はお見合いの仲介人についてお話したいと思います。

まず仲介人を人に頼む場合、家族でよく話し合う必要があります。
たとえば、「家族は本人たちの結婚をよく思っているか」「自分の結婚観と相手の結婚観にそれほど差はないか」「結婚後の生活について、相手が同居を望んでいる場合それに応えられるか」などです。
それから仲介人が具体的なイメージを作れるよう、家族で意見を合わせておきましょう。

仲介人として適任なのは会社の上司や恩師です。
しかし注意しなければいけないことがあります。
もしもお見合い相手と合わないと感じた場合、断りづらくはないかということです。
断ったからと言って後々自分の仕事に影響が出てしまっても困ります。
いろいろな場合を考えてから、お願いしましょう。

親しい友達に頼むのもいいでしょう。
仲の良い友達の友達なら気兼ねなくお見合いすることができますよね。
しかし仲介人を頼んだ友達が、相手のことも自分のこともよく知っていないと意味がありません。

お互いの理想のタイプを知っているというのもいいところですからね。
さらに既婚者だと、結婚に関しても先輩なのでアドバイスをしてくれたりわからないことを気軽に聞けたり、とてもいいと思います。

逆に自分が仲介人を頼まれた場合ですが、相手に信頼されているということですからなるべく受けましょう。
しかし相手のことをよく知らない場合、相手や家族と会食などして情報を収集しておき紹介しやすいようにしておきましょう。

お見合い後の交際

お見合いがうまくいってお付き合いすることになった場合、どのようなことに気をつけたらうまくいくのでしょうか。
お見合い後の交際について書きたいと思います。

お付き合いしたいと思ったらまず紹介者に自分の意思を伝えましょう。
紹介者を通じて相手の思いを知り、同じ気持ちならばお付き合いが始まります。

基本的には普通の交際と同じようにデートすればいいのですが、お見合いの場合はなるべく早めにお互いの両親に会うのがいいでしょう。
手土産には菓子折りなど、形に残らないものを選ぶといいと思います。
デートの費用は割り勘が望ましいようです。
お互いの出費が大体同じくらいになるようにします。

紹介者が、これからは二人で連絡を取って会うように言うまでは、紹介者を通じてデートの約束をしてください。
また、交際の経過を紹介者に時々報告するようにしましょう。

お見合いの場合は普通の交際とは違い、結婚を前提とした交際なので3ヶ月ほど経った時点で結婚するのかしないのか、結論を出さなくてはいけません。
だらだらと付き合うのは相手にとって失礼にあたります。
せめて6ヶ月以内には結論を出しましょう。

結婚が決まったら、あとは通常の交際と同じです。
お互いの両親に結婚の意思を伝えてきちんとあいさつをします。
お互いの両親と本人たちで食事をするなどの場を設けるのもいいですね。
紹介者にも結婚の報告を忘れないようにしましょう。
お礼の言葉もしっかりと伝えましょう。

お見合いの注意点

お見合いでは注意しなければいけないことがたくさんあります。

まずは服装です。
あらたまった格好でというのはもちろんですが、例えば女性が振袖を着ているのに男性はラフな服装といった感じでは困ります。
男性はシワのないスーツにワイシャツでいいでしょう。
清潔感のある髪型で臨みましょう。
女性はアクセサリーなどで飾り立てないほうがいいようです。
化粧も控え目のほうが、上品なイメージをあたえるみたいですよ。

双方の服装にあまり差が出ないようにあらかじめ世話人に聞いてみるのがいいでしょう。
やっぱり相手にいい印象を与えたいですもんね。

次にお見合い中の注意点です。
友達と話すのではないのですから、言葉遣いには十分気をつけましょう。
馴れ馴れしいのは禁物です。
自分の話を長々と話すのもいい印象は与えないでしょう。
相手の話にも耳を傾け、五分五分くらいの会話をしてください。
相手の話を聞き出そうと身の上調査のようになってもいけません。
うまくいけばこれからも会えるのですから、相手のことをもっと知りたいと思ったらゆっくり時間をかけて知っていきましょう。

過去の恋愛やお見合いの体験談などの話はもちろんタブーです。
相手はそんなこと聞きたくないかもしれません。

最後にタバコについてですが、最近は喫煙者が少なくなってきているようです。
相手がタバコを嫌っている場合も多いと思いますので、お見合いの席では吸わないようにしましょう。
どうしても吸いたいときは、二人きりになったときに相手に了承を得てから吸うようにしましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。