結婚線で見る玉の輿の相

結婚線は、大まかな結婚の時期を手相占いで表すもので、特に女性で興味を持たれる方が多いのではないでしょうか。

結婚線のある場所は、小指の付け根と感情線の間にある線で、その形や長さによって意味が異なってきます。
基本的に、上向きや長いものが良い運勢と言って良いと思います。

しかし、その周りにある手相によっても意味が違ってきますので、離婚の相や愛人の相がないかチェックしておきたいものですね。

ここでは、特に女性が気になる「玉の輿」の相について見ていきましょう。
「長い結婚線の運勢は、基本的には良い」と先ほど書きましたが、それがどんどん伸びて、太陽線という手相にひっついてしまった場合は、まさに「玉の輿」の相です。

社会的地位も高く、名誉や人気もあり、さらに金銭的にもかなり恵まれているパートナーと結婚することができます。

男性の場合ですと、結婚相手の実家がかなりのお金持ちだったり、奥様の会社の重役につくことができたりします。
いわゆる「逆たま」という手相ですね。

金銭的、経済的には、極めて素晴らしい結婚生活になるでしょう。
しかし、現実にはお金だけがあっても幸せとは言えません。
精神的にも強い絆で結ばれてこそ、初めて幸せな結婚生活と言えるでしょう。
パートナーへの思いやりを忘れずに、しっかりと深い絆で結ばれてくださいね。

手相は変わりやすいものです。
本人が何の努力もせずにいると、どんどん悪い方へと向かい、手相も次第に悪いものを表すものに変化していきます。

お金があってもなくても、良い結婚生活を送れるようにひとりひとりが努力することが一番大切ですね。


結婚線で見た遠い結婚時期

結婚線とは、結婚のだいたいの時期を推測するものです。
ここでは結婚がまだ遠い先だという手相について話してみましょう。

結婚線とは、小指の付け根と感情線という手相の間にある線のことですが、この結婚線に縦の線がたくさん入っていて、格子のようになっている手相は、まだ心から結婚したいと思う相手に出会っていないか、自分自身が結婚することを願っていないことを表しています。

縦線が薄くなったり消えてきたりすると、近々結婚相手が見つかることになります。
手相は、その人の行動によっても変わってきます。
自分自身が結婚したいと願い、相手を探す努力をし始めた時には、手相が変わってくるでしょう。

また、自然に結婚したい相手と出会うことができた場合にも、この手相は変わってくるのではないでしょうか。
最近では、結婚する年齢が上がってきています。
それでも、未婚の女性は結婚に憧れる人も多いのではないでしょうか。
年齢が上がってきているとは言え、20代も後半になってくると結婚を意識してしまいますね。

私自身も、結婚に憧れはあっても、家事や料理を練習することもなく、結婚して落ち着くタイプでもありませんでしたが、ある日突然その日はやってきました。
結婚前の自分と今の自分を比べても、正反対とは言えませんが、ずいぶん変わったように思います。

それまでは手相を見たことがありませんでしたが、気にして見ていれば、結婚の時期を推測できたか、または手相が変わってきていることに気づいたかもしれないですね。
これからも、夫婦生活が良くなるように努力していきたいものですね。

右手の結婚線

手相占いにおいて、結婚線というものがあります。
結婚線とは、おおまかな結婚の時期を表すもので、結婚線の数は恋愛の数とも言われているので、必ず結婚に至るというわけではありません。

結婚線の場所は、小指の付け根と感情線という線の間にある線の事で、形によって意味が異なってきます。
そして、手相は右手と左手で意味が違ってくるようです。
左手は先天運と言って生まれ持った運勢で、右手は後天運と言って、自分で意識している感情や行動を表すようです。

左手にある結婚線は、本人の結婚への漠然とした願望や先天運として自分が持っている恋愛や結婚運を示し、右手の結婚線は普段から自分で意識して行動している結果が結婚の形としてあらわれています。。

右手と左手で結婚線が違う場合は、どのように解釈したら良いのでしょうか。
ひとつ例をあげて説明してみましょう。
右手の結婚線は長く濃い1本。
左手の結婚線は短く薄く、何本もある場合です。
この場合の、この人の深層心理は、1度きりの人生なので、どうせならたくさん楽しい思いをして浮気もありの自由にしたい。
そう思いながらも、やっぱり一人の人を愛し続けるのが幸せに違いないと思い直し、最終的にはとても良い結婚運になるということです。

この後に起こる運勢は右手に現れるので、右手だけを見れば良いと思うかもしれませんが、右手と左手が違うようならば、どっちが良い手相かを見極めておかなければいけません。

右手の手相の方が良い運勢なら、今の状態のままを維持すればいいのですが、左手の方が良い運勢ならば、左手に示されている性格に少しでも近づく努力をしなければなりません。

結婚線上にあるひし形

結婚線とは、小指の付け根と、感情線という線の間にある線の事で、結婚の時期を表す手相の事です。
手相は、その状態によっていろいろな意味となり、また別の手相と位置や状態によっても変わってきます。
ですから、たとえば友達の結婚線と同じ位置に結婚線があったとしても、結果はまた違ったものになってくるのです。

その中に、ひし形というものもあります。
結婚線にひし形があった場合に、表す意味を話してみましょう。
右手と左手でも意味は違ってきますが、右手の場合は現在の状況を表しているようです。

このひし形の手相がある場合、既婚者であるならば夫婦間のトラブルを表しています。
些細なケンカやすれ違い、浮気、嫁姑の問題、育児問題、身内や親族間でのトラブルがもととなり、夫婦が冷戦状態になってしまうことを示していますが、最悪の事態にはならないようです。
つまり離婚してしまうことはないということを、表しています。

未婚者の場合も、同じく些細なケンカや浮気、二股など恋愛のもつれにより、離れ離れになってしまう状態を表していますが、結局は破局にはならず、そのうちまた元のサヤにおさまるということを表しています。

既婚者の場合は、嫁姑問題というのは、どこでも多少なりともあるのではないでしょうか。
私の手相に、ひし形はありませんが、嫁姑問題はあります。
しかし、トラブルにはなっていないので、手相的にはあっているのでしょう。
ひし形が出てきたときには要注意です。

別居の相

結婚線とは、小指の根本と感情線と言う手相の間にある手相のことです。
基本は結婚の時期を予測するものですが、結婚線の形状によっては結婚時期だけではなく、いろいろな意味を含みます。

その中に別居の手相という、なんとも悲しい手相もあります。
結婚線の先端が2本に分かれている場合は、まさに別居の相を示します。
とてもわかりやすいですね。

別居に至る理由はさまざまな理由があると思われますが、どうあっても最終的には別居することとなります。
理由は、仕事によってのものなのか、夫婦仲の不仲によるものなのか、はたまた他の理由が存在するのかは、別の手相を見て判断しなければなりませんが、どうあれ最後は別居するという事になります。

たとえ夫婦が一緒に住んでいても、お互いの気持ちが離れてしまった場合も、この手相の意味を示します。
最近では、別居や離婚もめずらしくなくなってきています。

もし自分の手相やパートナーの手相が、このような手相をしていた場合は注意が必要です。
とはいえ、手相は変わるものです。

お互いの努力しだいで、良い方向に変えていくこともできますので、今一度、相手をいたわる気持ちを忘れないようにしましょう。
自分がされたら嫌なことや、言われたら嫌なことを、自分がしてしまってはいないか、そして、些細なことでも2人で会話し合って解決に向け努力している振り返ってみましょう。
そして今一度、楽しかったことなども思い出して話してみてくださいね。

下向きの結婚線

結婚線とは結婚時期などを推測する手相のことです。

女性はこの手相は気になる人が多いのではないでしょうか。
小指の付け根と、感情線という手相の間にある線を結婚線といいます。
結婚線の状態によって意味が変わってくるようですが、ここでは下を向いた結婚線について調べてみましょう。

下向きの結婚線は、見るからに良くないということがわかりますが、この結婚線は現在のパートナーへの愛情が冷めてきている事を示しています。
下向きの結婚線は、人類全体の半分の人間が持っており、夫婦間の精神的な絆が弱くなっていることをあらわしているようです。

その下向きの結婚線が、さらに下に伸びてゆき、感情線にひっついてしまいますと、さらに深刻な状態になると言えます。
結婚線上に、島のようなものがある場合も、同じようにかなり深刻な状態になると言えるでしょう。

しかし手相は「心の鏡」とも言われていて、状況や本人の努力次第で下向きの結婚線が上向きに変化してくることもたくさんあるようです。

もし、自分やパートナーに下向きの結婚線があれば、お互いを思いやる気持ち、尊重する気持ちを大事にして、今日の出来事や楽しかったこと、ささいなことでも良いので、まず二人で会話をすることが大切だと思います。

自分がされたら嫌なこと、言われたら嫌なことをしてしまっていませんか。
またパートナーからのそういった行為にも、言葉を選んで話をしてみてください。
ただ自分の意見を言うだけでは、喧嘩になってしまいます。
自分にも悪いところはあるはずです。
相手だけを否定せずに、対等な立場で話をするのが良いと思います。

結婚線にある下向きの線

結婚線には、いろいろな種類があります。

一般的な結婚線は、小指の付け根と感情線の間の線で、横に伸びている線です。
一本の場合もありますし、多数の場合もあります。

ここでは、その結婚線から、枝毛のように下向きに細い線がたくさん出ている場合について見てみましょう。
とても細かい手相ですので、肉眼では見逃す可能性があるようです。
虫眼鏡などを使って、よく見てみましょう。

それが一本の場合は、ただの二股の結婚線となりますが、ここでは多数出ている場合のことを見てみます。

この場合は、たいがいの場合が恋愛ではなく結婚を意味する結婚線から出ています。
つまり、外にも結婚線がある場合でも、一番立派な線で「結婚」を表す線から延びているのです。
これはとても悪い意味を表しているようです。

結婚してから、愛情が冷めてしまい夫婦仲がうまくいかなくなると言われています。
これといったトラブルはなくても、冷戦状態になってしまい常に倦怠期といった感じでしょうか。

本人の努力しだいで、手相は変わりますが、冷めてしまった愛情を取り戻すのは大変です。
何も努力しないでいると、離婚の相まで出現してくるかもしれません。

結婚生活とは、自分だけでなくパートナーがいますので、2人で努力することが大切だと思います。
自分勝手ばかりせずに、相手を思いやる気持ちを思い出してみてください。
楽しかった時のことを振り返れば、愛情も戻ってくるかもしれません。

左手の結婚線

手相は、基本的に両手を見て占います。
左手と右手の手相の違いや線の太さ、長さなどで見ていきます。

爪のある面の手の甲側は、未来の運勢を確認できます。
甲側の左手の中指の根本周辺の色がとても大切で、この場所の色が明るいと、その1年間の運勢は明るいものとなるでしょう。
その場所と、手首の間の色でも運勢を見ることができます。
運勢が下がっていく時は、右手の甲までくすんだ色になります。

左右の手の色が、大幅に違う人は、大病の前触れでもあります。
左右の体の血液の流れがアンバランスになっている可能性があるようです。
休養するのが一番いい方法かもしれません。

余談ですが、お金が逃げていく手相というものがあるようなので、説明してみましょう。
最近、私の周りでも話題になった手相です。
薬指と中指の間に、縦の線が入っている。
これがまさにお金が逃げていくというかお金がたまらない手相です。

自分の好きなものにお金を使ってしまう、幸せと言えば幸せな手相かもしれません。
ギャンブルやお洒落、趣味などに浪費します。
この線がある人は、それだけ浪費できるお金が入ってきているということですから、恵まれた手相であるに違いありません。
がしかし、少し自粛しないとこの線は消え失せてしまい、つまり使えるお金が入ってこなくなるということですので、無駄遣いに注意しましょう。

しかし、本人は欲しいものに浪費しているわけですから、無駄だとは思っていないと思います。
欲しくても我慢することも大切ですね。

男性の結婚線

結婚線は、もちろん結婚についての手相ですが、男性よりも女性の方のほうが気になるのではないかと思います。

ここでは、結婚ができにくい、または恋愛のチャンスが少ない男性、それか結婚運が悪影響を及ぼす男性の手相について見て見たいと思います。

手相で、結婚恋愛を示す相と言うと、結婚線や感情線、印象線、パートナー線、窮愛線などいろいろな線があります。
これらは、それぞれの状態により出される意味が悪ければ、結婚や恋愛のチャンスが少ないと言えるようです。

まずは、結婚線の状態についてですが、結婚線がない人、もしくは結婚線が短い場合です。
結婚線がない場合は、結婚のチャンスが非常に少なくまた結婚したとしてもパートナーとの縁が薄く、苦労する場合が多いようです。

そして、結婚線の始まり部分に島のようなものがあったり、Yの字に枝分かれしたりしているといった場合は、結婚に至るまでに家族や周囲からの反対などさまざまな障害に阻まれ、非常に苦労するということになるようです。

また、結婚線が格子状になっている場合は、独り身の生活がとても長く続くと言われています。
しかし手相とは変化するものです。
本人の努力しだいで、手相は良くも悪くもかわります。

本人が、結婚したいと願うようになりいろいろな面で改めるようになると、手相も変わってきます。
しかし、結婚できたからと言って何もしなければ、結婚線じたいが、また悪い状態を表すものに変化してきます。

結婚生活とは、自分1人のものではありません。
常に努力をしていないと、良い結婚生活を送ることはできないのです。

枝分かれしている結婚線

手相占いで、結婚線というものがあります。
おおよその結婚の時期を予測するもので、小指の付け根と感情線という少し長めの線の間にある短い線のことです。

1本から数本あることもあり、長さ、方向、によって意味するものが違ってきます。
はっきりした時期を特定することはできませんが、結婚線が感情線側に寄っている場合は早婚、小指側に寄っている場合は晩婚という程度はいえるようです。

ここでは、枝分かれしている結婚線が意味することについて見てみましょう。
結婚線が枝分かれしていると、理由はどうあれ最終的に別居にいたることを表しています。
仕事上での理由か、夫婦の不仲によるものなのかは、別の手相を見てみなければわかりませんが、とにかく最後には別居になるようです。
精神的なつながりが離れてしまう場合も、この手相が現れるようです。

このような手相が現れた場合には、注意が必要です。
特に夫婦不仲や、病気などで別居にいたる場合は、回避する方法を探さなければなりません。
手相は、変わりやすいものです。
特に結婚線は、本人たちの努力によって、良くも悪くも変化します。
パートナーを思いやり、いたわることが大切です。

不仲で別居にならないように、ささいな会話、今日の出来事、楽しかったことなどを少しずつ話すようにして、冷たい夫婦になってしまわないようにしましょうね。

結婚生活には、何かとお互いの努力が必要です。
自分だけが頑張っているわけではありません。
文句があることもあるでしょうが、言葉を選び注意しながら伝えることが大切ですね。

結婚線で占う結婚の時期

結婚線とは、小指の付け根と感情線という線の間にある線のことで、結婚の時期をあらわすものだと思われているようですが、そうではないようです。

結婚線は、パートナーへの恋愛感情が最大になるということを意味しているようです。
その結婚線が長く、太いものであったら、恋愛が成就する可能性が強まり、最終的に結婚するというパターンが多いようです。
しかし、たとえ結婚線が太くしっかりしたものでも、必ず結婚に至るというわけではないようです。

人生の伴侶を持つ運を表し、真剣な愛情ならば婚姻しない同棲や、不倫の場合もありえます。
結婚線は恋愛を示すので、結婚線がない時期は恋愛も実らないということになります。

結婚線が立派なものならば、恋愛から結婚に至る可能性はかなり高いと言えますが、その結婚が幸せなものかどうかは、結婚線の形状によって意味は変わってきます。
結婚は、2人でするものなのでパートナーの結婚線によっても変わってきます。
よりハッキリしたものが、優先されます。

しかし、手相は変えることができます。
2人の行動、状況によっても手相はどんどん変わり、それが良い方向にもなりますし、逆に悪い方向にもなります。
悪い暗示を示す手相になってきた場合は、良くなるように努力することが必要になってきますし、良いことを示す手相の場合は、それで安心してしまわずにその良い状態を保てるように、また努力が必要です。
つまり努力のない、夫婦生活は成り立たないということになります。

切れている結婚線

結婚線にはいろいろなものがあります。
その形や長さによって運勢が変わったり、周りの手相によっても予測されることが変わったりするようです。

ここでは、切れている結婚線について話してみましょう。
正しくは切れているのではなく、段のようになっているものについてですが、そして、その両方の線の長さや太さがだいたい同じであることです。
明らかに違う場合は、今から説明する結婚線とは異なります。

切れ目があり、段になっている結婚線が1つでもあると、恋愛や結婚生活が一旦止まってしまうことを暗示しています。
恋人や、配偶者と一時は別れるのですが、しばらくして元に戻ってしまうのです。
とても深い縁で結ばれていると言っても良いでしょう。

どういう理由で別れてしまうのかは、他の手相を見なければわかりませんが、完全に分かれてしまうことはありません。
どちらかが歩み寄り、復縁します。

恋人がいる場合や結婚している場合は、ハッピーエンドで良い結果かと思われますが、たとえば不倫の場合でもこのパターンに入ります。
不倫していたが、配偶者のいる相手とは長くは付き合えないと悩み、いったんは別れを決めるのですが、やはりどちらかが歩み寄り、また元の不倫の関係に戻ってしまうのです。

既婚者であり、妻であるわたくしからすれば、とても迷惑な手相ですが、主人の手相を見たところでわかりませんよね。
主人にこの手相があっても、私と復縁するという意味になりますから、検証するのは難しいですね。

結婚線の変化

よく手相占いというものがありますが、手相とは変化しやすいもののようです。
自分の状況や、努力によって良くも悪くも変化するようです。

特に結婚線などは、さまざまな形になるようです。
手相にはどのような線があるのでしょうか。
有名なものでは生命線というのがあります。
これは、親指と人差し指の間から、斜め下に円を書くように手首の方向へ伸びている線です。
おもに生命力の強さや、その人の寿命など命に関わる情報、人生の節目の時期を表したりもします。

そして、女性のほうがよく知っているのではないかと思いますが、結婚線。
これは、手のひらの端っこで、小指の付け根と感情線という線の間にある短い横線の事で、結婚の時期や結婚運、さまざまな運勢をみることができます。
おおまかには、感情線側に結婚線がある場合は早婚、小指側にある場合は晩婚といわれているようですが、その形によっても意味が違ってくるようです。

たとえどの場所にあっても、結婚線じたいに縦の線が何本も入り、格子のようになっている場合は、結婚はまだまだ先だという意味になり、パートナーが見つかれば、この縦の線は消えてなくなるでしょう。

手相は変化しやすいものですので、本人の状況ですぐに変化します。
結婚線がなければ、もちろん結婚もないのですが、あっても本数や場所により、離婚や再婚、浮気といったさまざまな障害を示すものもあるようです。

しかし、その手相を知っていれば、回避することも可能です。
その時にはまた手相も変化していることと思います。

結婚線と手相占い2

結婚線とは、手相占いにおいて結婚生活がどのような状態になるかを示す相だそうです。

手相から詳しい結婚時期などを調べる事は難しいようですが、ある程度の結婚時期を予測する事が可能なようです。
結婚線とは、小指の根本から感情線の間にある手相の事で、それが感情線側に近いと結婚時期が早く、小指側に近い場合は遅い時期の結婚になるようです。

横まっすぐに延びている結婚線は、正常な結婚生活ができるということです。
結婚線が感情線にひっついてしまうと、夫婦仲がかなり悪化することを示し、離婚の恐れがあると言われています。

結婚線の先が2本に分かれると、パートナーとの肉体干渉が少なくなっていくことを示します。
つまり単身赴任や、セックスレスといった状態になるようです。

結婚線の元が2本で、だんだん1本に繋がっていく手相は、結婚に対して身内からの反対などがあり、結婚するには厳しい状態になるが、しだいに状況が改善され、無事結婚にいたると言うことを示します。

結婚線の先が、上を向いていると良い結婚生活であることを示し、反対に下向きですと悪い結婚であることを表しています。
結婚線の末端にある×のような印は、結婚生活での障害を示し、小さい物であっても結婚生活には多大な障害をもたらします。

結婚線が長く伸び、太陽線へ繋がる場合、結婚することによって社会的優位な立場になることを示し、結婚線の末端が上向きに伸び太陽線とつながる場合は、さらに社会的地位の高い強力はパートナーと結ばれることを表しています。

結婚線の見方

結婚線とは、手相のことで、小指の根本と感情線の間にある、何本かの短い横線のことをいいます。

結婚に関係するすべての事が、この結婚線で判断されると多くの人たちに思われているようです。
しかし結婚年齢や、恋愛の年などを見るには、生命線や運命線の流年で判断されます。

わずかな手相で、結婚年齢を割り出すのは難しいように思いませんか。
結婚線とは、主に結婚の運をみる手相になります。
横一線に、きれいな結婚線を持っている人が、ごく稀です。
みなさんの中に、そのような手相の人がいれば、理想的な家庭を築くに違いありません。

しかし、右手も左手も同じであれば、かなり良い結婚運になるのですが、片方の結婚線が乱れていれば、その意味は半減してしまいます。
そして、この手相を持っているからと言って「自分はとても良い結婚運」だからと、何も努力をせずにいると、みるみる崩れてきてしまいます。
手相は、心の状態を見る鏡でもあります。

これを参考に、すばらしい家庭を築いていこうと努力しましょう。
また、二度結婚する手相と言うのもあります。
結婚線が2本あり、平行に並んでいる手相もよくあるようです。

これは二度結婚するという代表的な手相で、これが両手にあると9割の人が、再婚するということになります。
理由は色々な理由になってきますが、最終的に離婚となってしまう手相のようです。

ただし、再婚と言いましても同じ相手と再婚する場合が多いようです。
しかし、これは本人の努力しだいで、離婚を防止することも知っておいてください。

結婚線から出る上向きの線

結婚線には、さまざまな種類があります。
その長さや形状によって、意味することも違ってきます。
またその周りの他の手相によっても、変わってくるようです。
ここでは、ちょっと変わった結婚線を見てみましょう。

結婚線から、枝毛のように上向きに細い線が何本も出ている場合。
これは何を意味するのでしょうか。

結婚線が何本もある場合は、一番立派な「結婚」を表す結婚線から出ているのです。
この手相は、実はかなりいい運勢を暗示しているようです。
とにかく恵まれた環境で結婚生活を送ることができ、さらに愛し愛されて、夫婦ともに協力しあって、とても温かい家庭を築くことができます。
金銭的にも多少の余裕があり、とても良い結婚運を表しています。

未婚の人で、自分にこのような結婚線があれば、焦って相手を見つける必要はないのです。
自然にパートナーが現れ、自然に幸せな結婚ができるはずです。
手相とは変わりやすいものです、経済的なことだけを理由に、相手の容姿だけを重要視して結婚相手を探すと、手相もきっと変わってくることでしょう。

結婚とは、お金だけじゃありません。
相手の見た目だけではありません。
もっと精神的に強い絆で結ばれる相手と結婚するほうが、幸せになれるのです。

結婚生活とは、自分だけのものではありません。
パートナーと協力しあい、努力しあってこそ、良い結婚生活を送ることができると言えるでしょう。
意見したいときでも、少し言葉を考えて伝えるのが良い方法だと思いますよ。

上向きの結婚線

手相には、結婚線というものがあります。
結婚線は、その長さや形状によって違う意味を示しています。
ここでは、上向きに伸びている結婚線の事について話してみましょう。

この結婚線が示す結婚運は、かなり恵まれた結婚運と言えるようです。
自分の理想以上の人と、この上ない幸せいっぱいの結婚生活を送る事ができると言えます。

しかし本人の状況や努力しだいで、手相は変わってきます。
夫婦の生活の中で当人の欠点が目立ってくるようになると、手相は短期間のうちに下向きの結婚線になってしまい、夫婦の愛情も徐々に崩れてきてしまいます。

何も起こらない夫婦生活なんて、私は存在しないと思っています。
夫婦生活が良い状態で続くということは、お互いの努力の結果だと思います。
努力しないでいると、状況はすぐに悪くなるでしょうし、手相も変わってきます。

お互いの欠点が見えるようになってきた場合は、さりげなく指摘するということが大事だと思われます。
自分にも欠点はあるはずですから、相手だけをとがめるのは筋違いです。
自分の行動や発言もよく考えたうえで、言葉をよく選び上手に相手に伝えることが大事です。
場合によっては、欠点を見逃してあげるのも良い方法ではないかと思います。

自分自身がそうやっているように、きっと相手側も同じことをしているはずです。
自分だけが文句を言われると腹が立つのは、相手も同じことです。
よく考えて、行動すれば、とても良い関係を保つことができるでしょう。

結婚線の上下にある平行線

結婚線とは、結婚の時期を推測する手相ですが、結婚だけではなく他にもいろいろな意味を含んでいるようです。
ベーシックな手相からレアな手相まで人それぞれですが、その周りの手相の位置や形によっても運勢は変わってくるようです。

ここでは、結構よくあるタイプの結婚線を紹介してみましょう。
結婚線の上下に薄く並行した線。
結婚線よりも薄く、見えにくい線です。
これは、上だけにある場合と下だけにある場合、そして上下両方にある場合もあるようです。
こういう場合は、結婚線は恋愛を意味するものではなく、結婚そのものを意味します。

ですので、何本も結婚線がある場合は、その中で一番目立つ結婚線に並行しているかどうかを見ます。
なんと、この並行線は不倫や三角関係を表すものなのです。

結婚線の下にあるなら結婚前の三角関係であり、この場合異性の方に配偶者がおり不倫という形になるようです。
結婚線の上にある並行線は、結婚後の三角関係となり、もちろん不倫になります。

本人がかなり意思を強くもって自粛しないかぎり、必ずといっていいほど、浮気をしてしまうでしょう。
そして、それは一夜限りの浮気ではなく、本気になってしまい長い間交際を続けることになることが多いようです。

結婚線の、上下に並行線がある場合は、結婚前も結婚後もということになるわけですから、かなり深刻な浮気性といえます。
自分や自分のパートナーに、このような結婚線がないか気になりますね。

ただ、結婚線はその人の努力しだいや生き様によってもかわってくるということも覚えておきましょう。

結婚線と手相占い

手相にはいろいろな線があります。
結婚線や生命線、ここではどんな手相があるのか紹介してみましょう。
まずは掌線という種類の手相の説明をします。

生命線:その文字のとおり命に関わることを表す線

感情線:喜怒哀楽や性格を表す線

火星線:物事に対する根気強さを表す線

運命線:仕事など全体の運勢をあらわす線

太陽線:周囲からの評判や成功をあらわす線

印象線:身内や夫(妻)から受ける影響をしめす線

健康線:文字通り健康の状態を表す線

知能線:頭脳の回転をあらわす線。生命力にもかなりの影響を及ぼす

二重知能線:表裏のある知能の持ちぬしに出てくる線

結婚線:恋愛や結婚をあらわす線

人気線:文字通り周囲から人気があるかを表す線

金星線:魅力やフェロモンを表す線

直感線:直感力や第六感と言われるものの有無を示す線

土星線:宿命としての不運を示す線

向上線:いつごろから努力をし始めるか、その努力が報われるかを示す線

財運線:金運があるかないかを示す線

反抗線:反抗心を象徴する線

放縦線:体力の消耗を示す線

窮愛線:ひとに助けられて良くなる運勢を示す線

陰徳線:徳のある人に現れる線

仕事線:仕事への熱意を表す線

享楽線:こだわりの激しい人に出る線

妨害線:他の手相を妨害するように出る線

悲哀線:苦しみや哀しみを味わうたびに刻まれる線

希望線:物事に対する努力を示す線

医療線:他人をいやす能力を持つ人に出る線

ますかけ線:頑固で強情な人間に出る線

手首線:基礎体力などの状態を示す線

気づき線:悟りを開こうとしている人に出現する線

旅行線:旅行に関係する災難などを示す線

浮気の相

手相占いで、結婚線というものがあります。
小指の根っこと、感情線の間にある線を結婚線と言い、結婚線にはいろいろな意味がこめられています。

離婚の手相や、別居の手相、マイナス部分が見える手相もたくさんありますが、浮気の手相というものもあるようなので、調べてみましょう。

結婚線の先端の上下どちらかに、結婚線と並行した短い線があれば浮気の手相を示します。
結婚線の上側にあれば、結婚後に愛人ができたり、浮気をしてしまったり、2号さんを持つこととなるようです。
結婚線の下側にある場合は、結婚前に付き合っていた元恋人と結婚後にも付き合い続けることを示しています。
どちらとも、その線の濃淡や、存在感によって、愛人や浮気相手への愛情の大きさを示すようです。

もちろん目立つ方が、愛人や浮気相手への愛情が大きいということになるでしょう。
自分にこの手相がある場合は、そうならないように努力をすれば、手相も変わってきます。

手相は心の鏡です。
良くも悪くも自分次第です。

パートナーにこの手相がある場合は、注意が必要ですね。
愛人を作られたり、浮気をされたりしないように、相手をつなぎとめておいてくださいね。
ただつなぎとめるだけではいけません。
監視するだけでは、相手の心が余計に離れてしまう可能性もあります。

その方法は、人それぞれだとは思いますが、相手にとって1番よい手段がとれたときには、愛人や浮気など心配しなくてすむ、とても良い夫婦になれるのではないでしょうか。
パートナーを良くするも悪くするも、あなた次第です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。