新婚旅行とは

新婚旅行は、名前のとおり結婚したばかりの夫婦二人で旅行に出かけるということですが、その他にも「ハネムーン」ちょっと変わったところで「蜜月」(みつげつ)とも呼ばれています。

ここでちょっと豆知識として「ハネムーン」の語源を紹介してみたいと思います。
ハネムーンは「蜂蜜酒」に関係があると言われています。
その昔、中世期ごろのヨーロッパでは、結婚したての新婚家庭の花婿に対して大きな増強効果が期待されていたようです。
多産で有名なミツバチのようにいっぱい子供が授かりますように、という意味を込めて蜂蜜酒が飲まれるようになった事が語源となっているようです。
その語源のとおり、当時は結婚してから約1ヶ月間は外出することもなく子作りに励んでいたという話も残っています。

こういう意味を含めて、新婚初夜から何日間かは二人だけの熱い時間を過ごせるようにと旅行にでも行きましょう、という目的があったようです。

では、日本で始めて新婚旅行に出かけた夫婦をご存知でしょうか。
実は皆さんがよく知っている坂本龍馬で、お龍と薩摩のほうに傷の治療も兼ねて静養がてら滞在していたのが新婚旅行の始まりだとされています。
その後、大正や明治に入ってから新婚旅行に行く人が増え始めたそうで、最初の頃は2泊3日の熱海旅行が人気の場所だったそうです。

今では結婚した夫婦の9割近くが新婚旅行に行っているそうで、行き先は国内より海外の方に人気が集中しているそうです。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。