新婚旅行の歩み

近年、新婚旅行と言うと海外に行くカップルが増えてきています。

昔は国内が断然多かったのですが、1970年代あたりからハワイなど比較的日本から近い海外に旅行に行く人が増えてきました。

その後1980年代からはフィリピン、インドネシア、グアムなど東南アジア方面に行く人達が増え、さらにその後1990年代になるとオーストラリアやヨーロッパ方面に人気が移行していきました。

韓国や中国などアジア方面に行く人は食文化や観光開発が進んでいるなど文化的な要素から行きたいと思う人が多いようです。
また1900〜2000年代のバブルの影響か、海外旅行も豪華で長期のツアーなど多種多様になってきました。

また1990年代〜2000年代にかけては一時期治安の悪化とともに少し海外旅行の人気が下がりましたが、現在では人気が復活してきているようです。

しかしその一方、景気が悪いせいか式だけ挙げて新婚旅行はとりあえず行かないで様子見というような地味婚も増えてきています。
それには景気の悪化にとどまらず、できちゃった結婚などで準備がまだ出来ていないのに結婚してしまうケースが増えてきているのも背景にあるのではないでしょうか。

新婚旅行は何も結婚したての夫婦はかりが行くものではありません。
今現在定年を迎えたご夫婦が、結婚当初に行けなかった旅行を時間とお金に余裕ができたため、改めて行こうという考えも増えているそうです。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。