結婚式での写真の演出

自分たちの結婚式では、思い出になる写真をいっぱい残しておきたいですよね。
しかし実際に新郎新婦がカメラを持ってまわるわけにはいきません。

たくさん写真を残したい方に、演出のひとつとして各テーブルに1つずつ使い捨てカメラを置いておくことをオススメします。
使い捨てカメラといっても最近はモノクロのものやセピアカラー、キャラクターが写りこむものなど色々あるので楽しめるのではないでしょうか。

司会者にはあらかじめ伝えておき、カメラをどんどん使ってもらうように言ってもらいましょう。
その場合、新郎新婦の写真ではなく、なるべくテーブル内の友人同士などの写真を撮ってもらいましょう。

準備の時間があれば、カメラをきれいに飾り付けしたりリボンをつけたりしてゴージャスにしても良いでしょう。
ただしフィルム代、現像代、焼き増し代が結構かかりますので、その辺のところは注意しなくてはなりません。

結婚式や披露宴の写真で大勢で写るものといえば親戚一同で撮るものですが、本当は出席していただいた方全員の写真が欲しくありませんか。
人数が多いので時間もかかり場所もとりますが、どうしても記念に欲しいならば、結婚式場なら披露宴会場やロビーを使って、レストランウェディングならお店のエントランスやホールなどを使えるようにお願いしてみてはいかがでしょうか。

天気が良ければお庭でというのもきれいでしょう。
高いところから撮ると普通とは違う楽しげな写真が撮れるかもしれません。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。