結婚式でのご両親への演出

結婚式での一番の感動のシーンというと、やはりご両親へのお手紙の場面ではないでしょうか。

花嫁がご両親へ送るというのが一般的です。
心に残るお手紙は具体的に書かれたものでしょう。
会場のみなさんにとっても話が具体的な方が想像しやすいですし感情移入しやすので、小さい頃の思い出などはできるだけ具体的に書きましょう。

たとえば、「お母さんは裁縫が上手でいつも手作りのものを作ってくれました。」と書くよりも「一度手編みのマフラーを作ってくれたことがあったのですが照れくさくて一度もしないままでごめんなさい。本当はとてもうれしかったです。」などと具体的に書いた方が気持ちも伝わりやすいでしょう。

ご両親への花束贈呈のとき、花の代わりに、自分が生まれた時の重さに作られたぬいぐるみ「ウェイトベア」をプレゼントする方がとても増えています。
クマが圧倒的に多いですが、今ではうさぎや犬やキャラクターのぬいぐるみなど種類は豊富です。

そしてナレーションで「お父さんお母さん、この重みは今でも覚えているでしょう」と流せばご両親はもちろん会場のみなさんもウルウルでしょう。
ご両親はきっとその時の感動を思い出してまた更に感動すること間違いなしでしょう。

花束と一緒にご両親の似顔絵を描いてプレゼントした方もいらっしゃるようです。
似顔絵は無理という方でも何か他に手作りのものをプレゼントするとよりご両親に感動していただけると思います。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。