結婚式でのキャンドルサービスの演出

披露宴で、普通のキャンドルサービスでは嫌という方が増えてきているせいか、最近では演出方法が少し変わってきているようです。
しかし、新郎新婦から遠い席に座っている方からすると二人を最も近くで見れる大切な演出です。

そこで「フォトサービス」というものがあるそうです。
新郎新婦が各テーブルを回ってテーブルごとに写真を撮ります。
会場が一気に盛り上がりますし、新婦といっしょに写真を撮れなかったという方もいなくなります。
しかし必ず司会者にお願いして、会場の皆さんに趣旨を伝えてもらいましょう。
ただし、これは時間がかかるので出席者の人数が多い場合はあきらめましょう。

次に「ドラジェサービス」です。
かごに入れたドラジェやクッキーなどを配るサービスです。
お菓子作りが趣味という方なら手作りの物をラッピングして配ると喜ばれることでしょう。
人数が多い場合はテーブルごとにお菓子の入ったかごを置いて回るというアイデアもあります。

次に「デザートサービス」です。
生ケーキを配るというサービスを新郎新婦がやります。
ふたりでお揃いのエプロンを付けたりすると盛り上がるのではないでしょうか。
ケーキのカットと盛りつけは式場の方に準備しておいてもらい、ワゴンなどで配って回りましょう。
デザートは基本的に最後の方に出てくるメニューなのでタイミングの調整をしておくことが大事です。

そして最後になりましたが「ビアサービス」というのもあるそうです。
新郎がビアサーバーを背負って登場し、注いで回るというものです。

以上のような今風のサービスを試してみてはいかがでしょうか。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。