結婚式でのブーケの演出

結婚式というとブーケは付き物ですね。

ブーケといえば、新婦がブーケを後ろ向きに投げて、それをゲットした女性が次にお嫁に行けるという「ブーケトス」が有名ですが、会場によっては「ここで投げるのはちょっと」ということもあるかもしれません。
そんな場合は「ブーケプルズ」をオススメします。

ブーケに10本程度のリボンを通しておき、そのうちの1本だけしっかりとブーケと結んでおきます。
どのリボンがブーケと繋がっているかわからなくするために、新郎がリボンの真ん中を握っておくといいでしょう。

そして独身の女性だけを集めて「せーの」で一斉にリボンを引っ張ってもらいます。
ブーケに繋がっているただ1つのリボンを当てた女性がラッキーガールとなります。

新郎ではなく、受け狙いで独身男性がやっても楽しいですね。
ただし、その場合はブーケではなく別の物を使ってやりましょう。

チャイルドブーケなど、ちびっこの演出も微笑ましくていいですね。
親族の中に小さい子がいる場合、その子にお願いしてブーケをプレゼントしてもらうという演出です。
小さい子がちょこちょこと歩いてきてお花を渡す姿はとてもかわいらしいですし、誰が見ても心が和みます。

アレンジとしては、男の子と女の子が一人ずついる場合は新郎新婦の前に二人だけで入場してもらって、ステージでお花を渡してもらいます。
クリスマスの時期でしたらサンタさんの格好をしてもらうという演出もステキですね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。