結婚式での春の演出

季節によっての演出にこだわりたいという方の参考に、今回は春の演出について調べてみました。

ポカポカ暖かい春、新緑の中でガーデンウェディングなんていかがでしょうか。
ガーデンウェディングは、大きく分けて二つの方法に分けられます。

ひとつは挙式から披露宴までをすべてお庭で行うタイプのもので、もうひとつはパーティーの一部分、たとえば挙式やウェルカムドリンク、デザートビュッフェなど、決められた時間をお庭で過ごすというものです。

せっかくガーデンウェディングをするならガーデンウェディングならではの演出をしたいですよね。
ブーケトスやフラワーシャワーに加えてシャボン玉や風船を飛ばすのもなかなか面白いですね。
シャボン玉は小さいお子さんがいる場合、お願いするとお子さんも喜ぶのではないでしょうか。

屋外ということで、平和の象徴でもある鳩を飛ばすと大変インパクトがありますが、本物が無理なら、鳩の形をした風船を飛ばしてもいいと思います。

春の象徴でもある桜を演出に取り入れてみてもいいですね。
たとえば枝つきの桜を会場の入り口に飾ってみたり、ウェルカムドリンクに桜のカクテルを準備してみたり、桜の香りのするワインなんかもあるようです。

引き出物に桜の花びらの入った和菓子を入れてみるのもいいですね。
「さくらさく」という焼酎があるようなので、それを引き出物にするというのもなかなかステキな演出ではないでしょうか。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。