結婚式での色の演出

結婚式や披露宴の会場で、ドレス、お花、ペーパーアイテム、小物など、雰囲気が統一されているととても素敵ですね。

今回は色の演出について調べてみました。

色について決める前に、まずは結婚式のテーマまたはキーワードを決めましょう。
たとえば、結婚式は教会で挙げたいという方はテーマを「教会」にします。
「天使」などのように教会にちなんだものをテーマにしてもいいでしょう。
テーマが決まれば披露宴会場のイメージも具体的に決まっていくのではないでしょうか。

次にテーマカラーを決めます。
上にあげたように「天使」をテーマに決めたなら、テーマカラーは「白」になりますね。
白をメインのカラーにして、サブカラーに新婦の好きな色を設定しておけば、自分たちらしい演出になるでしょう。

・色のイメージが「ロマンティック」なら、羽、天使、雪といったキーワードが合うでしょう。
・色のイメージが「エレガント」なら、バラ、リボン、シルクといったキーワードが合うでしょう。
・色のイメージが「フレッシュ」なら、新緑、フルーツ、ひまわりといったキーワードが合うでしょう。
・色のイメージが「ナチュラル」なら、葉っぱ、コットン、小枝といったキーワードが合うでしょう。
・色のイメージが「クリア」なら、ガラス、海、空といったキーワードが合うでしょう。
・色のイメージが「ノーブル」なら、パール、モダン、スクエアといったキーワードが合うでしょう。

簡単に載せましたが、是非参考にしてみてくださいね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。