結婚式の人前式での演出

人前式をお考えの方は、演出はどうしますか。

まず、人前式についてですが、人前式というのは神前式や教会式に並ぶ挙式スタイルのひとつです。
何が違うかというと、永遠の愛を神に誓うのではなく、列席者に誓うという方法をとります。

神前式や教会式はひとつひとつ流れが決まっていて、アレンジすることが難しいのですが、人前式は特に決まり事がないので自分たちの好きなようにアレンジすることができます。
しかし、だからといって自由にアレンジしすぎると、挙式のおごそかな部分が無くなってしまう場合があるので、そこのところは注意しなければいけません。

ありきたりな人前式じゃ物足りないという2人には、演出に+αすることで自分たちらしさを演出してみてはいかがでしょうか。

結婚式というとブーケが必需品ですが、なぜ花嫁がブーケを持つようになったのかご存知でしょうか。
昔欧米では男性が一生変わることのない愛の証として摘んだ花を花束にして女性にプロポーズしたそうです。
その思いを受け入れる返事として、女性はその花束の中から一輪取り出し、男性の胸ポケットに入れたのが始まりだそうです。
このブートニアを演出として取り入れてみてはいかがでしょうか。

事前に何人かの列席者に花を渡しておき、新郎は入場の際にその花を集めながら入場します。
そして新郎が、あとから入場してきた新婦に花束を渡します。
新婦はその花束の中から一輪取り出して、新郎の胸ポケットにさします。

司会の方にブートニアの儀式の由来を話してもらうと、より一層素敵な儀式となることでしょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。