結婚式でのタイムカプセルの演出

結婚式のその日の気持ちを永遠に覚えていたい、そんな方にはタイムカプセルの演出というのはいかがでしょうか。
10年後に開封した時にその日の気持ちを思い出したりして、素敵だと思います。

披露宴会場のウェルカムボードとして、二人の交際時の思い出の写真などとともに、タイムカプセルを置いておきます。

受付で出席者の方ひとりひとりをインスタントカメラでおさめ、ご自分の写真は会場の中まで持っていっていただきます。
そして、新郎新婦がお色直しで退場した時に司会者のアナウンスで皆さんにメッセージを書いていただきます。

再入場した際にメッセージが書かれた写真をひとつひとつ回収していき、ゲストに声をかけていただきましょう。
会場がにぎやかになり、盛り上がります。

そしていよいよタイムカプセルに思い出を詰め込むときです。
司会の方に中に入れる物の説明をしていただきながら入れていくと、二人のいろいろなエピソードが聞けて会場も盛り上がりますね。

出席者の方の写真も全て入れ終わったところで、ゲストという証人の前でタイムカプセルに鍵をします。
そしてこの演出の最後は、「ガーディアン」といって鍵を持っていてもらう方を二人が指名します。

これから先も二人を親身に見守り続けるという意味でやはりご両親が適任でしょう。
ご両親への花束贈呈の時に花束と一緒にタイムカプセルの鍵を託すというのもなかなか素敵ではないでしょうか。

会場からは大きな拍手が送られることと思います。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。