結婚式での乾杯からお色直しまでの演出

お色直しで退場する際のエスコートですが、御媒酌人の方がいらっしゃる場合はお願いしますね。
ですが、どなたもいない場合は、ご家族にお願いしてはいかがでしょうか。

お父さんやお母さん、ご兄弟の方と手を繋ぐ機会って大人になった今では全くなくなりましたね。
恥ずかしいと思う方の方が多いとは思いますが、だからこそご家族の方にも出番を作ってあげましょう。

小さい頃の思い出などをナレーションで入れてもらいながら手、を繋いで歩くと会場が感動で包まれると思います。
中にはこのような演出に抵抗がある方もいると思いますが、身内に関する演出もさりげなくであれば皆さんに受け入れられます。

御媒酌人やご家族以外でも、エスコートはできます。
あらかじめお願いしておくことは勿論いいでしょうが、当日まで内緒にしておいていきなり新郎新婦が指名するという手もあります。
恩師や会社の上司などを指名すると、びっくりして恥ずかしがりながらもしっかりとエスコートしてくれると思います。

お色直しでの新郎の退場というと新婦の退場に比べて若干地味なイメージがあります。
それが嫌という方には、テーマソングを流しながらだとか、友人達に騎馬を作ってもらい上に乗って退場したりなど、ちょっと派手な退場も面白いのではないでしょうか。

しかし場がしらけてしまっては意味がないので、友人や身近な人が多く出席している披露宴にしたほうがよいですね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。