結婚式での乾杯までの演出

今回は、出席者の方につまらないと思われがちな披露宴での乾杯までの演出について書きたいと思います。

まずは新郎新婦のプロフィール紹介です。
仲人さんがいない場合は司会の方が紹介をする場合がほとんどですね。
それではつまらないので自分たちでお互いを紹介してしまいましょう。
緊張や照れから言葉をつまらせたり噛んでしまうこともあるでしょうが、そういうところも微笑ましいと思っていただけると思います。

祝電を紹介する時間は、実は出席者にとってはつまらないものです。
ですから新郎は新婦に内緒で秘密の祝電を準備しておきましょう。

司会の方に渡しておいて、「最後にもう1通祝電をお預かりしています」というように言ってもらい、新婦を感動させるという手はいかがでしょうか。
出席者からも祝福の声が上がることでしょう。

新郎新婦から出席者の皆さんへの祝電を準備するというのもなかなか面白いと思います。
祝電披露の最後に読み上げてもらうと会場が和やかになることでしょう。

内容は「今日は私たちのために来ていただいてありがとうございます。どうぞ楽しんでいってくださいね」でもいいですし、感謝の気持ちでもいいと思います。
しかしまだ披露宴は始まったばかりですので、感動的な文より、少しユーモアをこめた軽い感じの文でいいと思います。

そして今では珍しい鏡開きですが、珍しいからこそやってみると意外と盛り上がるのではないでしょうか。
新郎新婦だけでなく、折角ですので両親も一緒にやるというのもいいかもしれません。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。