結婚線で見た遠い結婚時期

結婚線とは、結婚のだいたいの時期を推測するものです。
ここでは結婚がまだ遠い先だという手相について話してみましょう。

結婚線とは、小指の付け根と感情線という手相の間にある線のことですが、この結婚線に縦の線がたくさん入っていて、格子のようになっている手相は、まだ心から結婚したいと思う相手に出会っていないか、自分自身が結婚することを願っていないことを表しています。

縦線が薄くなったり消えてきたりすると、近々結婚相手が見つかることになります。
手相は、その人の行動によっても変わってきます。
自分自身が結婚したいと願い、相手を探す努力をし始めた時には、手相が変わってくるでしょう。

また、自然に結婚したい相手と出会うことができた場合にも、この手相は変わってくるのではないでしょうか。
最近では、結婚する年齢が上がってきています。
それでも、未婚の女性は結婚に憧れる人も多いのではないでしょうか。
年齢が上がってきているとは言え、20代も後半になってくると結婚を意識してしまいますね。

私自身も、結婚に憧れはあっても、家事や料理を練習することもなく、結婚して落ち着くタイプでもありませんでしたが、ある日突然その日はやってきました。
結婚前の自分と今の自分を比べても、正反対とは言えませんが、ずいぶん変わったように思います。

それまでは手相を見たことがありませんでしたが、気にして見ていれば、結婚の時期を推測できたか、または手相が変わってきていることに気づいたかもしれないですね。
これからも、夫婦生活が良くなるように努力していきたいものですね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。