結婚線上にあるひし形

結婚線とは、小指の付け根と、感情線という線の間にある線の事で、結婚の時期を表す手相の事です。
手相は、その状態によっていろいろな意味となり、また別の手相と位置や状態によっても変わってきます。
ですから、たとえば友達の結婚線と同じ位置に結婚線があったとしても、結果はまた違ったものになってくるのです。

その中に、ひし形というものもあります。
結婚線にひし形があった場合に、表す意味を話してみましょう。
右手と左手でも意味は違ってきますが、右手の場合は現在の状況を表しているようです。

このひし形の手相がある場合、既婚者であるならば夫婦間のトラブルを表しています。
些細なケンカやすれ違い、浮気、嫁姑の問題、育児問題、身内や親族間でのトラブルがもととなり、夫婦が冷戦状態になってしまうことを示していますが、最悪の事態にはならないようです。
つまり離婚してしまうことはないということを、表しています。

未婚者の場合も、同じく些細なケンカや浮気、二股など恋愛のもつれにより、離れ離れになってしまう状態を表していますが、結局は破局にはならず、そのうちまた元のサヤにおさまるということを表しています。

既婚者の場合は、嫁姑問題というのは、どこでも多少なりともあるのではないでしょうか。
私の手相に、ひし形はありませんが、嫁姑問題はあります。
しかし、トラブルにはなっていないので、手相的にはあっているのでしょう。
ひし形が出てきたときには要注意です。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。