別居の相

結婚線とは、小指の根本と感情線と言う手相の間にある手相のことです。
基本は結婚の時期を予測するものですが、結婚線の形状によっては結婚時期だけではなく、いろいろな意味を含みます。

その中に別居の手相という、なんとも悲しい手相もあります。
結婚線の先端が2本に分かれている場合は、まさに別居の相を示します。
とてもわかりやすいですね。

別居に至る理由はさまざまな理由があると思われますが、どうあっても最終的には別居することとなります。
理由は、仕事によってのものなのか、夫婦仲の不仲によるものなのか、はたまた他の理由が存在するのかは、別の手相を見て判断しなければなりませんが、どうあれ最後は別居するという事になります。

たとえ夫婦が一緒に住んでいても、お互いの気持ちが離れてしまった場合も、この手相の意味を示します。
最近では、別居や離婚もめずらしくなくなってきています。

もし自分の手相やパートナーの手相が、このような手相をしていた場合は注意が必要です。
とはいえ、手相は変わるものです。

お互いの努力しだいで、良い方向に変えていくこともできますので、今一度、相手をいたわる気持ちを忘れないようにしましょう。
自分がされたら嫌なことや、言われたら嫌なことを、自分がしてしまってはいないか、そして、些細なことでも2人で会話し合って解決に向け努力している振り返ってみましょう。
そして今一度、楽しかったことなども思い出して話してみてくださいね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。