結婚線で見る玉の輿の相

結婚線は、大まかな結婚の時期を手相占いで表すもので、特に女性で興味を持たれる方が多いのではないでしょうか。

結婚線のある場所は、小指の付け根と感情線の間にある線で、その形や長さによって意味が異なってきます。
基本的に、上向きや長いものが良い運勢と言って良いと思います。

しかし、その周りにある手相によっても意味が違ってきますので、離婚の相や愛人の相がないかチェックしておきたいものですね。

ここでは、特に女性が気になる「玉の輿」の相について見ていきましょう。
「長い結婚線の運勢は、基本的には良い」と先ほど書きましたが、それがどんどん伸びて、太陽線という手相にひっついてしまった場合は、まさに「玉の輿」の相です。

社会的地位も高く、名誉や人気もあり、さらに金銭的にもかなり恵まれているパートナーと結婚することができます。

男性の場合ですと、結婚相手の実家がかなりのお金持ちだったり、奥様の会社の重役につくことができたりします。
いわゆる「逆たま」という手相ですね。

金銭的、経済的には、極めて素晴らしい結婚生活になるでしょう。
しかし、現実にはお金だけがあっても幸せとは言えません。
精神的にも強い絆で結ばれてこそ、初めて幸せな結婚生活と言えるでしょう。
パートナーへの思いやりを忘れずに、しっかりと深い絆で結ばれてくださいね。

手相は変わりやすいものです。
本人が何の努力もせずにいると、どんどん悪い方へと向かい、手相も次第に悪いものを表すものに変化していきます。

お金があってもなくても、良い結婚生活を送れるようにひとりひとりが努力することが一番大切ですね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。