枝分かれしている結婚線

手相占いで、結婚線というものがあります。
おおよその結婚の時期を予測するもので、小指の付け根と感情線という少し長めの線の間にある短い線のことです。

1本から数本あることもあり、長さ、方向、によって意味するものが違ってきます。
はっきりした時期を特定することはできませんが、結婚線が感情線側に寄っている場合は早婚、小指側に寄っている場合は晩婚という程度はいえるようです。

ここでは、枝分かれしている結婚線が意味することについて見てみましょう。
結婚線が枝分かれしていると、理由はどうあれ最終的に別居にいたることを表しています。
仕事上での理由か、夫婦の不仲によるものなのかは、別の手相を見てみなければわかりませんが、とにかく最後には別居になるようです。
精神的なつながりが離れてしまう場合も、この手相が現れるようです。

このような手相が現れた場合には、注意が必要です。
特に夫婦不仲や、病気などで別居にいたる場合は、回避する方法を探さなければなりません。
手相は、変わりやすいものです。
特に結婚線は、本人たちの努力によって、良くも悪くも変化します。
パートナーを思いやり、いたわることが大切です。

不仲で別居にならないように、ささいな会話、今日の出来事、楽しかったことなどを少しずつ話すようにして、冷たい夫婦になってしまわないようにしましょうね。

結婚生活には、何かとお互いの努力が必要です。
自分だけが頑張っているわけではありません。
文句があることもあるでしょうが、言葉を選び注意しながら伝えることが大切ですね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。