結婚線の見方

結婚線とは、手相のことで、小指の根本と感情線の間にある、何本かの短い横線のことをいいます。

結婚に関係するすべての事が、この結婚線で判断されると多くの人たちに思われているようです。
しかし結婚年齢や、恋愛の年などを見るには、生命線や運命線の流年で判断されます。

わずかな手相で、結婚年齢を割り出すのは難しいように思いませんか。
結婚線とは、主に結婚の運をみる手相になります。
横一線に、きれいな結婚線を持っている人が、ごく稀です。
みなさんの中に、そのような手相の人がいれば、理想的な家庭を築くに違いありません。

しかし、右手も左手も同じであれば、かなり良い結婚運になるのですが、片方の結婚線が乱れていれば、その意味は半減してしまいます。
そして、この手相を持っているからと言って「自分はとても良い結婚運」だからと、何も努力をせずにいると、みるみる崩れてきてしまいます。
手相は、心の状態を見る鏡でもあります。

これを参考に、すばらしい家庭を築いていこうと努力しましょう。
また、二度結婚する手相と言うのもあります。
結婚線が2本あり、平行に並んでいる手相もよくあるようです。

これは二度結婚するという代表的な手相で、これが両手にあると9割の人が、再婚するということになります。
理由は色々な理由になってきますが、最終的に離婚となってしまう手相のようです。

ただし、再婚と言いましても同じ相手と再婚する場合が多いようです。
しかし、これは本人の努力しだいで、離婚を防止することも知っておいてください。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。