何本もある結婚線

結婚線とは、小指の付け根と感情線の間にある手相のことで、だいたいの結婚時期を予測する手相です。
その結婚線が1本だと、恋愛に対して一途で、初恋の相手などと結婚することが多いとも言われています。

しかし、多数にわたって結婚線が現れている場合はいったいどうなのでしょうか。

結婚線の数は恋愛の数とも言われ、結婚線がたくさんある人は、たくさんの恋愛に恵まれるようです。
恋愛をする数がとても多いのです。
しかし、間違ってはいけないのが、結婚の数が多いわけではありません。
結婚離婚を繰り返すことはないようです。

1本目の結婚線が感情線側に近い場所に出ているほど、若い年齢から恋人ができるといえるでしょう。
初体験が早いという意味にもなります。
結婚線の中でも、一番ハッキリしている結婚線が、本当の結婚を意味する線になります。

手相とは変わりやすいものですので、その時の自分の状況で変わってきます。

そして、手相の出方によって意味が違ってきます。
同じように複数本の結婚線に見えても、実は浮気の相であったり愛人の相であったりすることもあります。
見間違えないように、よく見極めることが大切です。

そして、悪い手相が出ている場合は、良くなるように努力することも必要ですし、良い手相であっても、それを維持していけるようにまた努力することが必要です。

特に、結婚生活の結婚運を表す結婚線、これが悪いものに変わってきますと、結婚生活がうまくいかなくなります。
結婚とは、自分だけでなく2人で乗り越えていくもの、頑張っていくものですので、パートナーと協力し合いましょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。