結婚線とは

手のひらには、たくさんの手相があります。
その手相で、結婚線とはどこにあるのでしょうか。
女性の場合は、やはり結婚に関して興味のある方が多く結婚線の位置だけは知っている場合も多いのではないでしょうか。

結婚線とは、小指の付け根と、感情線の間にある短い線のことをいいます。
1本の場合もありますし、2本3本の場合もありますが、どれも結婚線になります。
本数によっても、意味が変わってくるようです。
そして、結婚線と言われていますが、結婚の事だけを意味する線ではないようです。
その人のすべての愛情関係を示しているのです。

結婚ももちろんですが、恋愛や同棲など男女の愛や親密な関係を意味します。
結婚線は、長さによっても意味が違ってきます。

まず、短い結婚線が示すものは何でしょうか。
わかりやすいですが、やはり短い結婚線はあまり良くない運勢といえるようです。
恋愛はあっても、長続きせずに一時的な恋愛で終わってしまうことが多いのです。
深い愛情に発展しにくいと言えます。
結婚しても、すぐに離婚してしまったり、一生を独身で過ごしたりする人も多いようです。

ただし、手相の特に結婚線は変わりやすいものです。
本人の努力しだいで、いつのまにか結婚線が長くなっているということも多々あるようです。

手相は心を映す鏡だとも言われています。
異性の外見に惑わされずに、ちゃんと自分と合う中身の相手を見極めていけるようになれば、より良い方向に向いていくと思われます。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。