男性のお見合いでの会話

お見合いでは具体的にどんなことに注意して会話すればいいのか、気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は男性側の会話の注意点についてまとめてみました。

大概の女性はおしゃべりです。
これといって用件のない電話で何時間もしゃべれたり、しゃべることによってストレスを発散できたりするのは女性がおしゃべりだからです。

しかしお見合いとなると自分がおしゃべりだと思われたくないですから、自然と口数も少なくなるでしょう。
男性がリードできるといいですね。

誰とでも楽しく会話でき話を盛り上げる自信があるなら、注意することはふたつだけです。

余計な事を話さない。
余計な事を聞かない。
ということです。

具体的に説明すると、まずは両親のこと。
親孝行な息子をアピールするのは嫌われます。
親のことをよく言いすぎてもおかしいですし、悪口なんて最悪です。
特に母親のことを話すとマザコンというイメージがついてしまうのでやめましょう。

次に、過去に付き合った女性の話。
相手が興味を持つ場合もありますが、もう少し仲良くなってからの方がいいでしょう。
逆に女性に聞くのもやめましょう。

そして、悲観的な現実の話。
自分が勤めている会社の業績が悪化しているなどの話は、お付き合いする前には言ってはいけません。
こんな男性と生涯を共にしたいと思う女性はいないですよね。

相手と気持ちよく会話するためには聞き上手にならなくてはいけません。
相手の意見に共感することで、自然と相手も好意を持ってくれるでしょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。