ドラマ「お見合い結婚」

ドラマ「お見合い結婚」を見たことがありますか?
私は実は毎回見ていたわけではないのですが、どこかとても印象に残っているドラマのひとつです。

頑固で言いたいことははっきりと言ってしまう性格の節子が大失恋をして、家族にお見合いを強引に勧められます。
同じように上司の勧めを断り切れずにお見合いすることになった光太郎。
そんな二人が衝突しながらも回を重ねていくうちにお互いを認め合い、成長していくというストーリーです。

光太郎は一見情けない性格の男性です。
しかし時折見せる優しさや男らしさに多くの女性が魅かれたのではないでしょうか。

たとえば山の中をさ迷っているときに雨が降ってきてしまったシーンで、自分が着ている上着を脱いで節子に羽織らせた光太郎。
恋愛ドラマによくありがちなこのシーンですが、ユースケ・サンタマリアさんがやることによってくささや嫌味が全然なく、とてもいいシーンになっていたような気がします。

最後の回あたりでは互いに惹かれあっていた二人だったのに、「お見合い」というシステムにより光太郎の方から破談を告げました。

しかし最後に公園で別れるシーンで、「やっぱり別れたくないよ」と光太郎は自分の意志で下した大きな決断をやめにしようと言ったのです。
男らしくないし情けないけれどやっぱり節子のことが好きだという光太郎の思いをすごくうまく演じきれていて、とても感動した場面でした。

ユースケ・サンタマリアさんだからこそ出来た役だったのではないかと私は思いました。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。