浮気による慰謝料はいくらか

浮気された場合、浮気した人や浮気相手からは慰謝料とは一体いくらくらい取れるものなのだろうか?と考える方は多いと思います。

慰謝料とは基本的には浮気された人の精神的苦痛に関する賠償金として支払われるものです。
それ故に決まった金額はないと言ってもいいと思います。

しかし、必ずしも浮気されたからと言って慰謝料が取れるわけではありません。
慰謝料を請求する場合相手方と話し合いをする機会というのはあると思うのですが、相手がその慰謝料を払うのを嫌がって不貞行為の事実を隠すことがあるからです。
口では不貞行為を認めた場合でもあとから前言撤回したり浮気に関する証拠隠滅をされたりというのはよくあることです。

したがって話し合いをする前、慰謝料を請求する前は請求する側が有利に進めていくために証拠をしっかりと押さえておく必要があります。
また、慰謝料を請求する時には離婚成立より離婚成立前に請求した方がいいと思います。
離婚後では話し合いに応じてくれなかったりする場合があるからです。

浮気から離婚に至るまでにはたくさんの話し合いが必要だと思います。
そこで事実が捻じ曲げられることもあると思うので、いかに正確で確実な証拠をこちらが握っているかによって結果が変わってくる場合もあります。

また、請求する側は味方がいない場合もあるので不安になります。
そのためにも確固たる事実=証拠が必要だと思います。
その内容によっても慰謝料というのが変わってきます。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。