浮気の慰謝料を請求された場合

不倫をしている方にとって、恐ろしい出来事の一つとして相手の配偶者の方に慰謝料を請求されるということが挙げられると思います。

慰謝料を請求された場合は、慌てずにまずは落ち着くのが重要です。
突然請求される訳ですから動揺するのは当然だと思いますが、慌てても事態は変わりません。
落ち着いて対応するようにしましょう。

内容証明で慰謝料を請求された場合の対応の仕方ですが、その内容証明に法律家の名前があるかどうかを確認してください。
法律家の名前がある場合は合法的に処理を進めてくれるのである意味安心だと思います。

次に請求された金額が妥当なものかどうか考えてみてください。
払える範囲なのかものすごく不当な請求なのか落ち着いて判断してみるのも重要です。

内容証明に対する解答の書き方ですが、「示談書」をきちんと書いてもらう事が大切です。
慰謝料を支払うと言う結果になったとしても、再度請求されないように示談書を書いてもらう事が重要です。これがあるかないかで後々トラブルを回避することができます。

また、相手の方に勤務先にばらすと脅されている場合でも落ち着きましょう。
いざばらしてしまうと相手の方も脅すネタがなくなってしまうので簡単にばらしはしないと思います。
また、恐喝のように金銭を要求された場合は恐喝罪になりますのでプロに相談しましょう。

強迫されている状況で強引に示談書を書かされた場合は、取り消しも可能です。
ですが、軽率に示談書を書くことは控えた方がいいと思います。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。