浮気を認めない夫

男というのは浮気がバレたとしても最後の最後まで事実を認めずに謝ったりしないものです。
「俺浮気しちゃった!ごめん」って謝ってくれる男性がいっぱいいたらこんなに離婚件数は増えていないと思います。

なぜ男は浮気を認めないのでしょうか?

まず最初に夫たるもの立場は妻より上でなくてはならないという変な願望のせいかもしれませんが
妻に謝るのだけは嫌だ!
ましてや頭を下げるなんて死んでもしたくない!
というように心理が働く人は意外と多いと思います。

また、自分の浮気について「正当化」しようとする願望があります。浮気したのは妻のせいだ!と人のせいにして浮気に走ってしまった理由をつけてしまうのです。
浮気をされた妻側からすると、納得できない理由になるのですが、夫側からしてみると妻のせいだと自分の浮気を正当化してしまう。
そういう動物なのだと思いましょう。

次に、浮気ではなく本気だった場合です。
「自分が浮気を認めてしまうと、慰謝料の請求が彼女にいくかもしれない、請求しないまでも電話はするかもしれない。そういう迷惑を彼女にかけたくない」という心理の場合です。
男にとって女を守るという本能がそうさせているのですが、理不尽ですね。
けどこういう男性って意外と多いんですよ。

最後に慰謝料を払いたくないという心理です。
浮気が原因で離婚となるとかなりの慰謝料を取られます。
釣った魚に餌をやらないではないけど、その考えのバージョンアップ版だと思ってください。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。