浮気を繰り返す男の心理2

浮気を繰り返している男の人の心理っていったいどういう心理なのでしょうか?
幼少期の複雑な家庭環境に要因がある場合があります。

複雑な家庭環境とは、たとえば両親の浮気が原因で幼少期に両親が離婚をしている経験がある場合や、幼少期に親に虐待をされて育った経験がある場合ですが、そういう経験を持つ人は両親からの無償の愛というものを十分に与えられないまま育ってきたため、愛されるという実感が沸きにくい状況にいます。

ですので、愛情に対してかなり飢餓感を抱いている場合が多いです。
そのため愛情には人一倍飢えているような感じで誰かに「見捨てられる」という感情が出てきてしまうのでついつい見捨てられたくないという感情を強く持ってしまう傾向にあります。

両親に愛情を注がれないで育った人は自分自身も愛せない感じになっています。
愛された経験が無いので愛し方もわからないのです。
さらに自分には愛される価値がないとまで思いつめている場合もあります。
ですので、結婚したとしてもいつか捨てられるんじゃないかという不安を抱えながら生活しているので、捨てられる前に別の愛情を探してしまうという傾向があるのです。
強いて言えば「愛情の保険」探ししているような状態です。

不安を抱えながらじゃ自分の配偶者の事も信じられないし心から向き合って結婚生活を送るなんてことできませんね。
だからといって配偶者と別れるというわけではないのですからたちが悪いですね。
どうして浮気がやめられないのか本人は気づいてない場合が多いので、一生涯誰かを心から愛することができないのではないかと思います。
あなたの彼、旦那さんは大丈夫ですか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。