浮気(不倫)のトラブル

浮気(不倫)相手がなかなか別れてくれなくて困っているという相談がよくあります。
こういう浮気のトラブルっていっぱいありますよね。

浮気をしている配偶者の相手を殴ってしまったと言う話はよく聞きますね。
不倫されたからと言って殴ってもいいというものではありません。
場合によっては傷害罪など罪になる可能性もあります。
また傷害罪などになればこちら側が慰謝料の請求をする前に告訴される可能性もありますので、別れてくれないからと言って感情的になりすぎないようにした方がいいと思います。

感情的になりすぎて、相手の会社にばらすと言って脅し、慰謝料を取ろうとするのは恐喝罪にあたってしまいますので、あまり無茶をせず、合法的に行動する事をおすすめします。

また、トラブルの原因として多いのはご自身で内容証明を書いて相手に請求をするということです。
内容証明とは相手にとってはかなりのプレッシャーになる物だと思います。
内容によっては強迫、名誉毀損などトラブルになる可能性もありますので、送る場合は細心の注意が必要だと思います。
とは言っても請求もしたいし恨みもあるし、迫力ある文面にしたいと思うのはわかりますが、そんなときこそ落ち着いてプロに相談をして合法的に行動した方がいいと思います。

浮気や不倫に対するトラブルの元になるのは「感情」だと思いますので、冷静に一歩引いた目で行動していくのがトラブルを生まないコツだと思います。
トラブルにならないように冷静に行動してくださいね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。