浮気をしている人のマナー

浮気のマナーとしては、一生自分の伴侶に隠し通す覚悟で浮気をすることです。
絶対にばれてはいけないのです。
よく「浮気するならばれないようにしてね」って言う人がいますが、本当に浮気していいよと思っている人はいないはずです。
ただ、もしも浮気をするのならば絶対にばれないようにやってね!という願いだと思います。
浮気をする際は、絶対にばれないようにしなくてはなりません。
これは浮気をする上での最低限のマナーです。

浮気をされた人が、浮気の事実を知ることがなければ、傷つくことも、泣くことも、怒ることも、うらむこともないのです。
なぜ自分のわがままで浮気をしてそれをばらして自分の伴侶を傷つける必要があるのでしょうか?
エゴでしかないですよね。
ばれない自信がないのなら、はじめから浮気なんてするべきではないのです。
誰も傷つけないでください。
今までのは浮気した場合の伴侶に対してのマナーです。

次は浮気相手に対してのマナーですが、よく軽い遊びだと思って自分が結婚していることを内緒にして始めてしまうパターンがあります。
はじめは遊びのつもりでも次第に深みにはまっていくパターンがあり、そのときに嘘をついているのが後ろめたくなるのですが、いまさら話せないという事態に陥ってしまいます。

さらに嘘に嘘を重ねていった結果、より深く相手を傷つける結果になるのです。
こうなる前にもはじめから嘘はつかないことが最低限のマナーだと思います。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。