男性はなぜ浮気をするのか

男性の浮気の心理としては、種の保存という動物的本能に基づくもので、自分の遺伝子を受け継いだ子供を残すというのが目的になります。
動物ならそれでもいいでしょうが、現代の人間社会では婚姻関係以外で子供を持つことは難しい時代となっています。
本能に従って複数の女性に種付けして種を残す行為が「浮気」と言うことになるわけです。

理不尽なようですが、女性は男性のメカニズムを理解する必要があり、男性ホルモン(テストステロン)が旺盛な男性ほど1人の女性では我慢できず浮気をしてしまうというのです。

女性はセックスをすると男性に対して心が通ってしまい愛情が芽生えがちですが、男性側は愛情とセックスを別物として割り切っているので、愛は愛、セックスはセックスという考えになります。
そこで男性女性の食い違いが出てくるわけです。
個人的意見ですが、以上のことから女性は男性の軽い浮気程度なら見てみぬふりをするくらいの余裕を持ったほうが上手くいくんじゃないかと思います。

世間的には浮気というと、浮気された側が被害者、浮気したほうが加害者、従って浮気した方が悪いという扱いになっています。
そこで浮気を見つけたときに攻め立てたところで男性は戻ってこないと思います。
攻撃すれば攻撃するほど逃げていってしまい、浮気相手に逃げてしまって最終的に本気になってしまうなんてことにもなりかねないですよ。
ですので、浮気を見つけたら攻めるより少し余裕を持って見守ってみるくらいの余裕があれば幸せになる確立は高くなると思います。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。