恋愛中の、ダメな会話とよい会話

恋愛する二人にとって会話はとても大切ですね。
恋愛の場合は普段話す会話の中にも、ダメな会話とよい会話があります。

男性と女性は、会話に対する考え方が違い、男性の会話は「討論するため」のもので、女性の会話は「コミュニケーションを図る」ためと言われています。

例えば、ドライブをしていた場合にカップルが道に迷ってしまったとします女性が「道に迷ったのかな?ここさっき通ったよ」と話した会話が、男性には、「道を間違えているからしっかりして」と聞こえてしまうのです。
ミスした男性はその事をよく理解しているので、言って欲しくない言葉になります。
女性は、自分も協力をしていると思って話した言葉なのにと食い違います。
この場合は、男性が自分から「ごめんね。道に迷った」と言い出すまで待ったほうがいいでしょう。
男性が認めてしまえば、後の言葉も受け止めるので険悪なムードになることはないはずです。
会話の中で、男性のミスには深く突っ込まないことが大事ですよ。

良い会話は、男性に気持ちよく喋らせてあげることです。
どんな男性も、自分の得意分野は良く喋ります。
例えば趣味を聞き出し、ギターを弾ける事が解れば「今度聴かせてね」という女性の言葉に、男性は喜び、ここから話もはずみます。
趣味がパソコンなら「今度教えてね」と言えば丁寧に教えてくれるでしょう。
男性に否定的な事は言わないようにしましょう。

恋愛上手な女性は、男性の会話に乗るのが上手です。
会話は恋愛には不可欠な要素なので、相手を掴むことが出来るまでは、少し考えながら話すことをお勧めします。
初めはちょっと疲れるかもしれませんが、工夫することで相手は喜び、それが恋愛感情に繋がります。

話した言葉がだめな会話でも、ひとつ勉強になります。
同じことを繰り返さなければ、自然によい会話をしている自分になっているはずです。
カップルの人も、片思いの人も、たくさん素敵な恋愛を経験しましょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。