20代前半の恋愛相談

20代前半になると、好きになる相手のタイプや恋愛の傾向、自分がこの先何を求めているのかなど、今までの経験や出会いから、男性のことばかりか自分自身のこともわかり始めるのが20代前半です。

20代前半は大人になりかける時期で、はじめは戸惑いを持つものです。
20代前半の方から相談された内容で、
「好きになるということはどういうことなのか、わからない」と言った相談内容がありました。
好きになる人が、自分と似ている。
また好きになった人と同じ行動をしようとする。
これは遺伝子の命令です。

付き合った相手と性格が似てきたり、同じ音楽を聴くようになったり、ファッションが変わったり、これを同一化現象といいます。
犬で例えると、家の中でずっと育っていたオス犬はもちろん人間しか知りません。
しかし、初めて外でメス犬と出逢っても、やがてはちゃんとメス犬を好きになります。そして交尾もできるようになります。
これが遺伝子の同一化の威力です。
人間に興奮を覚える犬もいますが、自分と似ているものには好意を抱く仕組みになっているのです。

好きになると言うことは、普段生活していて自然に起こる恋愛感情です。
無理に好きになろうとする努力などはいりません。
好きな人に自分をあわせていくことが大切であることも、ワンちゃんで考えるとわかりますね。

もうひとつは、自分の気持ちのコントロールの中で、
「愛は追うと逃げてしまうの?」と言う恋愛相談もよく耳にします。
人間は誰かに恋愛感情を抱いているときPEA(フェニールエチルアミン)という物質が脳内に分泌されます。
そして、このPEAはその人を好きになるといわれています。
このPEAは恋の媚薬と覚えて下さい。
PEAは、追い掛けられるとPEAが出なくなります。

「恋愛は駆け引きが大事」と言う言葉を聞いたことはありませんか?
駆け引きは、相手のPEAを引き出せるかと言った意味を持ちます。
しかし好きで仕方ないときは、追うと逃げるとわかっていても、大好きならつい追ってしまいますね。
追わなきゃいけない時も、もちろんあります。
そういう時の見極めのうまさも恋愛上手の鍵になりますね。

20代前半の恋愛は、人生の中でもっとも輝いている年齢だと思います。
女性は肌もスタイルも綺麗でかわいい年頃です。
素敵な恋愛をたくさんしましょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。