恋愛で大切な名前の呼び方

お互いが親しくなる前でも、親しくなってからでも、恋愛で大切なポイントは名前の呼び方でしょう。

名前の呼び方や呼ばれ方で、その人の感じ方が違ってきます。
あまり面識のない相手には「さん」づけで呼びます。
「くん」なども使われることはありますが、一般的には「さん」が多いでしょう。

恋愛対象に感じている場合、「さん」の呼び方は少しよそよそしい感じを与えてしまいます。
職場などで呼び捨てはタブーですが、男性が恋愛を意識している場合、女性は呼び捨てにされるとちょっと親近感があるように思います。
しかしだからといって、いきなり呼び捨てにするのは偉そうな人にも見えてしまうので、最初は名前に「ちゃん」を付けで呼んであげましょう。
慣れ慣れしいと初めは感じるかもしれませんが、女性はその人に悪意を感じることはありません。

いきなり名前の呼び方を変えると、変に思われることもあるので、初めは彼女がどう呼ばれているかを観察してみてください。
仲良くなれば、冗談の勢いで呼び捨てにしてしまっても彼女は変な感じに思うことはありません。
回数をこなすことで、呼び捨ての名前が自然になるはずです。
男性の場合はいきなり呼び捨てにされる事は慣れていないので、親近感を持ってもらう為に、「さん」ではなく「くん」の呼び方がいいでしょう。

仲良くなるためには、名前の呼び方が二人の距離をより縮めてくれます。
勇気をもって名前を呼んであげましょう。
ちょっと太っている男の人であれば、あだ名で「くまちゃん」などと呼んであげてもいいと思います。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。