結婚適齢期

「結婚適齢期」というのは男性も女性も結婚するときに適切だと思われる年齢のことを言います。
結婚適齢期は、世界中でそれぞれの地域によって多少違っていると思います。

日本では結婚適齢期が最近上がってきていると言われています。
結婚適齢期というのは大体23-25歳くらいと言われていましたが、ここ数年、結婚適齢期を過ぎても結婚しない人が多く、結婚適齢期が代わってきたのではないかと言われています。

ちなみに、結婚適齢期ではないのですが「婚姻適齢」というものが日本では定められていて、日本では男性は18歳以上、女性は16歳以上が結婚をしてもいい年齢というように決められています。

結婚適齢期というのはその国の文化や社会によっても違ってきますし、時代によっても違っています。
また結婚適齢期は社会全体で見るのではなくて個人でみることもあるようです。
例えば、親の年齢が結婚適齢期に左右したり、自分が若くても親がある程度の年齢になってしまった場合には、結婚を考えざるを得ないという状況にもあるようです。
結婚適齢期を逃した人のことをよく「いきおくれ」とも呼んでいます。
日本では最近では結婚適齢期をすぎてから30代で結婚する人が増えているようです。
一方結婚適齢期以前の20代前半や10代での結婚のどちらかという見方もあります。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。