30代の結婚観

30代の男女の結婚観について紹介したいと思います。

まず30代にもなると結婚せずに、独身であることがデメリットになることがあります。
独身で結婚していない男性の場合は社会的からみても信用を得ることができなかったりしますし、女性の場合は30代で結婚していない場合には先行きの老後の心配などをデメリットになってきるといわれています。
30代の男女の結婚観は結婚は男性にとっては社会的な信用のためで、女性にとっては先行きの安心のためにするという考え方が強いようです。

何故30代になって結婚に踏み切れないのかという点では、男女ともに30代にもなると仕事で責任ある仕事が増えてきて、なかなか結婚をして環境を変えるということに踏み切れないのが結婚を遅くしている原因になっているようです。
ですから女性もなかなか結婚に踏み切れないのは責任ある仕事を任されているが故といえます。
結婚して家庭に入ることができず、家庭と仕事の両立をしても、今までのように仕事をすることが出来ないことを考えると結婚が足かせになってしまうケースが30代では多いようです。

ですから日本では晩婚化が進んでいるのもこれが原因だといわれています。
結婚しても働きながら家事を両立させることが出来ればいいのでしょうが、なかなかそれも難しいのが現状です。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。