喧嘩するほど仲がいい

恋愛は喧嘩するほど仲がいい?
この言葉を聞いたことはありませんか?

そもそも喧嘩は、お互いのストレスが爆発して起こるものだと思います。
女性はストレスを感じると友達や恋人にそのストレスの元を話したくなります。話すことでストレスを発散させます。
男性は女性と違ってストレスを感じると話さないことが多く、ストレスに対して考えて解決させようとします。

そこでお互いにストレス感じているカップルが一緒に居た場合を考えると、女性は発散の為に彼氏に話しますね。
男性は考えたいので、黙って欲しいと思い、気持ちにすれ違いが出てきます。
お互いがストレスを感じている状態でも、男女は考え方が全然違います。
喧嘩にならない為には、思いやりの気持ちを持つことが大切です。

男性が疲れている様子だったら、黙って隣に居てあげる事が1番いい方法でしょうその日は早めに別れて、一人の時間を彼に与えてあげることもいいでしょう。
男性は女性と違って立ち直りが遅いので、デートをしていても楽しく感じる事は出来ないのです。

女性の場合は、黙って聞き役になってあげてください。
彼女がある程度話し終えれば、普段通りの女性に戻るでしょう。

トラブルの回避方法は、自分がちょっと落ち込んでいる時やストレスが溜まっている時は会うのを避けるべきです
事前に約束している場合は、相手のためにも気持ちを切り替えて会うようにしましょう。

いい恋愛は、お互いをよく観察し配慮することで素敵な関係を長く築いて行く事が出来ると思います。
喧嘩するほど仲がいいとよく言われますが、
本当に仲のいいカップルは、喧嘩はしません。
それは思いやる気持ちがあるためにぶつからないからだと思います。

幼い頃の兄弟喧嘩のように、コミュニケーションの一つとしての喧嘩ならいいと思います。
しかし喧嘩が原因で別れるカップルはたくさんいます。
喧嘩は恋愛にはあまり必要ではなく、喧嘩しないに越した事はないでしょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。