しつこさは恋愛の誠意

「しつこい」と言われた恋愛の経験はありませんか?

しつこい人は嫌われるとよく言いますが、しつこさは誠意とも言われます。
どちらが本当に正しいのでしょうか。
これはどちらが間違いではなく、どちらも正解だと思います。
要はセクハラと同じことが言えます。
もし女性が嫌がっていれば「しつこい」と言うことになりますが、嫌がっていなければ誠意になります。

好きな人に告白して、答えが「少し考えさせて欲しい」と言われたら、待つことも大事ですが、そこで立ち止まるよりも積極的にもう一度アタックしてみるべきです。
そうすることで答えがいい方向に向くこともあります。
黙っていても告白の返事が「OK」になることもありますが、それなら積極的に行動しても損はしないはずです。
「考えさせて」の後にOKを出す人は、すでに相手に対して恋愛感情に近いものを抱いています。
積極的に行動する事が悪いことにはならないのです。

もし告白の返事が「他に好きな人が居るから」と出た場合は、積極的なアピールで自分の方が優位に立てるかもしれません。
とはいっても、返事を強要するように追い回すのは誠意にはならないので注意してください。
どうしても返事がもらえない場合は、一度お互いを知るために遊びに行こうと誘ってみてください。
一度は断られるかもしれませんが、そこで諦めず自分の気持ちの意思表示を行動で示してください。

家まで押しつけたり、一日に何度も一方的な電話やメールは、ストーカーになります
行き過ぎた行動ではなく、少しずつ好きな人に接近し、少しずつ相手に自分の気持ちを伝えて行きます。
誠意をもって接すれば、相手はあなたの気持ちに心を打たれる可能性が十分あるのです。

何度も振られても好きの気持ちを伝え続け、最後に相手から告白されていたと言う場合もあります。
いろいろな恋愛があります。時間は元に戻りません。
素敵な恋愛をたくさんしましょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。