結婚式と平服

友人の結婚式に招待されたら、もう頭の中は当日の服装の事でいっぱいなのではないでしょうか。
素敵な男性や女性に出会うため、それはオシャレな格好で出席する事でしょう。
結婚式のような正装の場では、服装や服飾品などにもマナーがあります。せっかくオシャレをするならば、マナーも守った素敵なものにしましょう。
ということで、この出席準備編では結婚式当日の服装のマナーについて考えましょう。

結婚式の招待状に「平服(へいふく)でお越しください」と書かれていることがありますが、平服というのはどのような洋服なのか迷う人も中にはいると思います。
そもそも平服というのは、礼服でなくても良いですよという事で、略礼装のことを指します。
略礼装とは正礼装や準礼装に準じる服のことを言います。
特にコレという決まりはありませんので、かなり自由な着こなしが可能です。
とはいっても普段着というわけにはいきません。
結婚式に「平服で」と書かれている場合には、格式の高い洋服で出席するのではなく、主役の新郎新婦を引き立てるような洋服を着て出かけましょう。

男性ならば一般的にはダークスーツ、シャツやネクタイ、小物などで雰囲気を演出すると良いでしょう。
平服といってもネクタイをしないのは失礼ですから、ネクタイはするようにしましょう。

女性の場合はスーツやワンピースがいいでしょう。
スカーフやアクセサリーをつけて少しパーティーな感じに仕上げてもいいと思います。
遊び心のあるアクセサリーなどを取り入れて、あなたらしさを演出しましょう。
その際、花嫁カラーの白い色のドレスや、肌の露出や派手な色のドレスは避けましょう。

結婚式の平服で和服を着ていく際には、できれば色無地やつけ下げ、訪問着を着ていくのがいいと思います。

また、結婚式のようなフォーマルな席では、昼間と夜の区別が大切なポイントです。
ちなみに「昼間」とは、正午から午後5時ごろまでの結婚式をさします。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。