結婚式で使ってはいけない言葉

結婚式で言ってはいけない言葉というのは結構沢山あるので紹介したいと思います。
結婚式で言ってはいけない言葉は気をつけすぎてついつい使ってしまうこともあると思いますが出来るだけ使わないように心がけましょう。

結婚式で使ってはいけないという言葉は、終わる、切れる、切る、破れる、分かれる、離れる出る、戻る、などといった二人の結婚生活の終わりなどを想像させるようなことは言ってはいけません。

結婚式では、例えば、ケーキを切る際でも、ケーキにナイフを「入れる」といった表現にかえたり、会場を出ることを「中座するといい、披露宴が終わるとは言わずに、「お開きにする」、席に戻るを「席に進む」といった表現をします。
結婚式などのおめでたい席では使ってはいけない言葉がありますから十分注意して結婚式では話すようにしたいものですね。
結婚式のスピーチなどに当たったらなおさら気をつけないといけません。
せっかくのおめでたい雰囲気の式場がその言葉一つでいっきに冷めてしまうということもよくあるようですから、本当に言葉遣いには注意しないといけないと思います。

結婚式のスピーチでわざと使ってはいけない言葉を利用して教訓のように話す方もいらっしゃいますが、出来ればおめでたい席ですからそのような表現の仕方は避けたほうがいいでしょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。