結婚式のスピーチ

結婚式のスピーチを頼まれることもあると思いますから結婚式のスピーチの心得を紹介したいと思います。

まず、結婚式のスピーチは普段どおり普通の自然体な感じで述べましょう。
新郎新婦をお祝いする気持ちを普通のスピーチで述べれば新郎新婦からも出席者からも共感を得ると思います。
結婚式のスピーチでは面白いことを言って会場を和ませようとする必要はないと思います。
無理やり笑いを取ろうとしないで、結婚を祝福するおめでとうという気持ちをもって、素直にスピーチすればいいと思います。

結婚式のスピーチでは起承転結を心がけてスピーチすると上手いスピーチにまとまると思います。
結婚式のスピーチの最初の部分は祝辞でお祝いを述べて、そして新郎新婦と自分の関係やエピソードなどを述べて結婚式のスピーチにしますが、とにかくはっきりと誰が聞いてもわかりやすいように話すといいと思います。

結婚式のスピーチは前もって頼まれることが多いのですが、最近ではありきたりの決められた結婚式のスピーチを嫌がって、当日テーブルを司会者が回っていく形式で突然指名される結婚式のスピーチもあるようです。
結婚式のスピーチに突然あたってもいいように心積もりだけはしておいたほうがいいかもしれません。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。