結婚祝の選び方

結婚祝の品というのは、出来るだけ同じものが重ならないようにしなければいけませんから、もしも結婚祝を送る相手と親しい仲なら結婚する人に、何か欲しい物の希望があるか聞いてから結婚祝を贈ってもいいと思います。
またもしも聞けない場合でも、結婚生活に必要な物でいくつあってもいいような物を選ぶようにするといいかもしれません。

結婚祝の品物で人気があるのは、コーヒーカップや食器、ホットプレートやコーヒーメーカーなどの比較的小さめの家電製品やインテリアなどがあります。
しかしインテリアを結婚祝に送る場合には好みがありますからなかなか難しいかもしれません。

昔と現代では結婚祝の贈り物でタブーとされているものの中身も変わっています。
昔は結婚祝に、包丁などの刃物類は「縁を切る・裂く」という意味から、「別れ」につながるとされる白いハンカチや「割れる」鏡などはタブーとされていたのですが、最近では結婚祝に陶器の食器やナイフとフォークのセットなどを送ることが多くなりましたから、あまり縁起を気にせず、本人たちの希望であれば結婚祝を贈ってもいいようです。

注意すべき点は、あまり下着やパジャマなどを送らないことや、新郎の勤め先のライバル会社の物などを知らず知らずのうちに贈っていることもあるようですから、その辺を気をつけて送るようにすればいいと思います。
一般的に、時計は「勤勉」を意味するので、結婚祝のプレゼントとして目上の方へ贈るのは避けるべきだと言われています。
もちろん希望であれば大丈夫です。
また結婚祝い金と同様に、プレゼントも「4」と「9」という数字には気をつけましょう。
「4」は「死」、「9」も「苦しむ」につながる数字です。
4個、9個といったプレゼントは絶対に避けましょう。
以前は「2」という数字も、偶数なので割れる(別れる)といって避けてきましたが、現在では「2」は「ペア」と考えるようになり、問題はないとされています。
また、欧米では、キリストが13日に十字架にかけられたことから、「13」は凶数とされています。
一方、お茶は、香典返しにされることが多いため、あまり結婚祝のプレゼントに選ばれることがないようですが、別にタブーではありません。
なお、結婚祝いのプレゼントは、正式には結婚式の1週間前の吉日に渡すのが良いとされています。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。