結婚記念日

結婚記念日というのは、結婚式をした日を記念日にした日のことですが、結婚記念日を入籍した日にしている夫婦もいると思います。

日本では夫婦二人でお祝いをすることが多く、アメリカなどでは両親の結婚記念日にイベントを行う家庭も多いようです。
海外の多くの国では、結婚記念日に夫婦でプレゼントを贈りあうのが一般的です。
1年ごとの結婚記念日に紙婚式やわら婚式といった名前をつけて、その名前にあったプレゼントを贈りあったりします。
結婚記念日の名前は紙からわら、わらから革、革から花、花から木と 徐々にかたい物の名前になっていきます。
これは結婚のきずなが1年ごとにかたくなっていくのをあらわしています。

そういった風習が日本にも伝わって、結婚記念日1年目の紙婚式から75年目のプラチナ婚式まで、安くて柔らかく日常品から徐々に高価な貴重品へと記念日の名称が変わっていきます。

因みに2年以降は以下のような呼び名になっています。
結婚15年目からは、5年ごとに記念日を祝うのが一般的で、 中でも25年目の銀婚式と50年目の金婚式は、自分や相手の家族などと一緒に、派手に記念日を祝うことが多いです。
2年目 綿婚式
3年目 革婚式
4年目 書籍・花婚式
5年目 木婚式
6年目 鉄婚式
7年目 銅婚式
8年目 青銅婚式
9年目 陶器婚式
10年目 錫(すず)婚式・アルミニウム婚式
11年目 鋼鉄婚式
12年目 絹婚式・麻婚式・皮婚式・書籍婚式
13年目 レース婚式
14年目 象牙婚式
15年目 水晶婚式
20年目 磁器婚式
25年目 銀婚式
30年目 真珠婚式
35周年 珊瑚婚式
40年目 ルビー婚式
50年目 金婚式
55年目 エメラルド婚式
60年目 ダイヤモンド婚式
75年目 プラチナ婚式

特別な決まりはありませんが、夫婦の間を見つめ直す機会として大切にお祝いしましょう。
結婚記念日は必ずしもしなければいけないということもないですから個人や夫婦によってスタイルは様々です。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。