結婚式の月

結婚式は6月にするのがジューンブライドの花嫁は幸せになるというジンクスがありますが、実際には日本で6月に結婚式を挙げるというのは梅雨の時期でもあるのでなかなか難しいようですね。

日本で結婚式を何月にしたのかというアンケートをとったところ、
一番多かったのが10月から12月にかけて結婚式を行ったというのが多いようです。
これはホテルのイルミネーションやクリスマスの関係から華やかな結婚式になったからという理由もあるようです。
次に、結婚式が行われるのが多かった月は9月だそうです。
9月は過ごしやすい時期でもあり着るものに困らないし、食事もおいしく食べられるというのが結婚式が多い理由です。

意外にも最近は真夏にも結婚式が行われています。
以前真夏の結婚式は避けられていましたが、最近では真夏の結婚式は料金が安めということもあって、真夏に結婚式をする人が増えているそうです。

また逆に冬の結婚式も行われていますし、3月ごろの桜の季節の結婚式も増えているのが現状のようです。
結婚式はいつやるのが良いということは特にありませんが、やはり6月は天気が悪いということもあって、ガーデンでの結婚式を予定している人にとっては辛いところだと思いますし、結婚式に参加する人も大変だと思います。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。