結婚と夫婦別姓

結婚と夫婦別姓について紹介したいと思います。
夫婦別姓というのは、結婚してからも結婚前の名字をそのまま名乗っていることを言います。

日本では、夫婦の姓というのは結婚してからどちらかの姓に統一しなければならないと決まっていて、大体の場合結婚してから夫の姓を名乗る女性が多いのが現状です。
しかし女性の社会進出によって、女性が途中で結婚したことによって名字が変わると仕事がしにくくなるということもあって、夫婦別姓を希望する人が増えています。

結婚後の夫婦別姓に関してですが、日本ではまだ正式には認められていません。
とはいえ、現実には夫婦別姓をしている人も多いのが現状です。
入籍して戸籍上でも姓は夫のものを使用していますが、仕事上女性が結婚前の旧姓を使っているのが多いようです。

他にも、事実婚として籍を入れずに結婚生活を送っている人も中にはいると思います。
女性の社会進出によって結婚後の名前でこのように不便なことが増えているのが現状ですが、今のところ日本ではまだ夫婦別姓を認めるという法律は出来ていないのが現状ではないでしょうか。
女性にとっては非常に仕事上不便かもしれませんが、旧姓で名の知れた女性の場合、入籍して夫の名前だけれど職場では旧姓を使い続けている人が増えています。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。