日本での同性結婚

現在日本の法律では同性結婚は認められていません。
同性結婚が認められている国もありますが、日本ではまだ少しずつ進んでいるのが現状です

同性結婚について日本では特例が出されています。
例えば、2人以上の意思が性同一性障害だと診断していた場合には、性別の変更が出来ますから同性結婚をすることも可能です。
そして、20歳以上で、子供がいなくて性別適合手術を受けていることが条件ではありますが、これらの条件をクリアしていれば、戸籍の性別が換えられますから同性結婚も可能になるわけです。

日本では少しずつ進んではいるものの、同性結婚は認められていないので、事実婚のような法的な保障もなく、保険金や年金ももらうことができないようです。
カナダやスペインでは同性結婚が法的にも認められているので、日本も差別しないようにという運動が進んで入るようなのですが、日本が同性結婚を認めるのはまだまだ先の話になりそうです。

性同一性障害と認められて手術も受けて先ほどの条件をクリアした場合に限り性別を変えることが出来ますから、それによって同性結婚も可能ではありますが、単なる同性愛者の同性結婚はまだまだ認められるのは難しいのが今の日本の現状です。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。