結婚式の招待状

結婚式の招待状は結婚式を友人たちなどに伝える上での、一番最初の大事な出会いになります。
一般的には結婚のお知らせや結婚式の日にちなどの伝えたい事をわかりやすくメッセージカードに書いて郵送で招待した相手に直接送ります。
メッセージの文章には「、」や「。」といった句読点をつかわない決まりや忌み言葉という縁起の悪い言葉は使わないなどの様々な決まりがありますので、文章を書く時には注意が必要です。
結婚式の招待状のデザインには特に決まりがないので、あまり個性的すぎるものでない限り自由にデザインしてもかまわないとされています。
招待状の差出人は新郎や新婦の名前ではなく、新郎や新婦の両親の名前をつかうというのが一般的に良いとされています。
しかし最近では自分たちの結婚式ということを重要視する人が多いので、両親の名前ではなく新郎新婦の名前を並べて書いて送るというのが多くなっています 。
招待状の返信の書き方の注意点ですが、招待状は新郎(新婦)が友達や職場の同僚などなら、「おめでとう、もちろん出席させていただきます」など、口頭で返事をすることもあるでしょうが、礼儀としてそれとは別に返信はがきは必ず期日までに投函するようにしましょう。
何故なら、出欠を把握する作業は必ずしも本人たちが行うとは限らないからです。
また、期日までに返答がないと、主催者側に再確認などの手間を与えしまうこともあります。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。