結婚式のBGM

結婚式のBGMは結婚式や披露宴の全て雰囲気を変えてしまうぐらい大切です。

まずは、結婚式に来場された方をお迎えする曲が必要です。
それから結婚式の主役の新郎新婦が入場する曲、新郎新婦のプロフィールを紹介する曲、乾杯をする曲、結婚披露宴の歓談中に流す曲、結婚式の披露宴でのケーキ入湯の際に流す曲、そしてお色直しで退場するときと入場するときの曲。
結婚式披露宴でキャンドルサービスなどをする場合はそのときの曲、
そして両親への手紙の曲に花束贈呈の曲、退場の曲とゲストをお見送りして結婚披露宴をお開きにする曲など、ざっと結婚披露宴の流れに沿ってこれだけの曲が必要になってきます。
最も重要なのが、新郎と新婦が結婚式の会場に入ってくる時のBGMです。
新郎と新婦が会場に入ってくる時には、会場の中にいる全員のテンションが一番盛り上がる時ですので、ここで感動的なBGMが流れると
会場のなかの人たち全員に、すばらしい結婚式だと印象づけることができます。
ほとんどの結婚式場には、結婚式のBGMを選んでくれるウェディングプランナーの方がいますが、最近では新郎新婦が自分たちの思い出の曲やはやりの曲をさまざまなところで流したりします。

新郎新婦の入場の前や後にもさまざまなところでBGMは必要になってきます。
結婚式がはじまる時にはゆったりとしたBGMで気分を落ち着かせたり、さまざまなスピーチの時には、しゃべっている人のじゃまにならないようなBGMを選んだりします。
BGMの音の大きさも重要ですので専門の方とよく相談しておく事が大事です。
両親への感謝の手紙の朗読と花束贈呈は、ゲストも涙する感動のシーンです。
胸を打つ美しいメロディーや感動的なバラードをオススメします。
披露宴のフィナーレは、大きな拍手の中を退場するので、出だしは、インパクトのあるものにしたほうがいいでしょう。
お見送りの曲は、ゲストとの会話を邪魔しないものにしましょう。


タグ:BGM

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。