結婚の内祝い

結婚祝のお礼についてです。
披露宴に招待できなかった人で結婚のお祝いをもらったり、結婚に関してお世話になった人たちに、感謝の気持ちを伝えるためにも、結婚の内祝いを贈るといいでしょう。
その際の結婚の内祝いの値段ですが、半額くらいのものを送るのがいいと言われています。
目上の人には薄く、後輩には手厚く御礼をするのが基本だというわれています。

結婚祝の内祝いの場合、のしの表書きには「内祝い」と書いてもらって、夫婦の名字を書くようにします。
結婚の内祝いを丁寧にしたいと思っている人は直接持っていくのがいいのですが、遠い人やなかなか時間の都合がつかない人は結婚式から一ヶ月以内に送るようにしましょう。

結婚の内祝いは物だけではありません。
結婚式の受付や司会を頼んだ親しい友人などには結婚の内祝いよりも、新居でホームパーティーをしてもてなすというのもいいかもしれません。
結婚式の内祝いは二人の気持ちを込めて送れば何でも喜ばれるのではないでしょうか。

最近では新婚旅行先のお土産を内祝いとして送る人も多いようです。
結婚式でお世話になった方へのお礼を込めて、新婚旅行先で二人が選んだ記念になるような物をプレゼントするということもあるようです。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。