結婚式のお色直し

結婚式のお色直しは何回位すればいいのかと考える人も多いのではないでしょうか。
本来ならば結婚式の途中で招待した側が席をはずすというのはあまり良くないと考えられていますから、出来るだけお色直しも1回くらいにしておいて、しかも短時間でお色直しをしなければいけません。
結婚式の披露宴では大体20分から30分以内にはお色直しを完了させたいとされています。

結婚式のお色直しの衣装は特に決まりはありませんが、ドレスを選ぶなら色がついているアフタヌーンドレスやイブニングドレスを選ぶというのが基本のようです。
洋装から和装に着替えたり、和装から洋装に着替える結婚式のお色直しもよくあるパターンです。
他にも簡単に打掛から振袖に変えたり、ベールを外して髪型を替えるお色直しもあります。

結婚披露宴では花嫁さんのお色直しを楽しみにしている人も多いと思いますから1回はやったほうがいいと思います。
しかし一時期はやった派手婚の時のように、何度もお色直しをするというのは結婚披露宴に来ていただいている人に失礼にあたります。
特に女性は、一生に一度の思い出に残る結婚式ということで、お色直しを何度もしたい気持ちもあるでしょうが、着ていただいている人の気持ちも考えて、お色直しの回数を決めるようにしましょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。